このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の笠堀ダム
本文はここから

笠堀ダム

2018年11月08日
 三条地域振興局 | 地域整備部 | 笠堀ダム
笠堀ダム
笠堀ダム 【平成30年11月撮影】

お知らせ

笠堀ダムの情報

笠堀ダムからのお願い

笠堀ダムの概要

 笠堀ダムは、五十嵐川支川、笠堀川に位置し、洪水調節、上水道、農業用水及び水力発電を目的として、三条市笠堀に多目的ダムとして昭和39年9月に完成しました。県営ダムでは、三面ダムに続いて2番目に古い歴史を誇っています。
  平成23年7月新潟・福島豪雨災害による五十嵐川災害復旧助成事業により、既存ダムの高さを4m嵩上げして洪水調節容量を8,700,000立方メートルから10,500,000立方メートルに、1,800,000立方メートル増やすことにより、洪水調節能力を強化しました。
  ダムの構造は重力式コンクリートダムで、高さ78.5メートル、総貯水容量17,200,000立方メートル、有効貯水容量15,100,000立方メートルです。

笠堀ダム全景

ダム及び貯水池諸元

ダム及び貯水池諸元

貯水池容量配分図

貯水池容量配分図

笠堀ダムの洪水調節のしくみ

笠堀発電所

 笠堀ダムの直下には、新潟県企業局が水力発電を行っている笠堀発電所があります。昭和39年10月に運転を開始し、発電の最大出力は7,200kwとなっています。
 発電所は無人化されており、遠方監視制御装置によって新潟県村上市坂町にある新潟県発電管理センターから新潟県企業局の他の発電所を含めて監視・制御されています。

笠堀発電所

笠堀湖の自然

 笠堀の深山は昔からアオシシと呼ばれるカモシカが生息し、昭和9年に国の天然記念物、昭和30年には特別天然記念物に指定されています。ダム湖畔周辺の岩山は断崖絶壁で人を寄せ付けず、カモシカの生息地として適しています。

天然記念物 カモシカ

位置図(流域図)

三条地域振興局地域整備部管内の他のダム

 大谷ダム | 下条川ダム