このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【三条】産地でGAPに取り組み、農薬による事故を防ぎましょう。
本文はここから

【三条】産地でGAPに取り組み、農薬による事故を防ぎましょう。

2016年02月15日
 個々の農家が安全な農産物の生産を行うのは当然のことですが、一人の農家であっても事故を起こせば産地全体の問題となります。
 特に農薬に関する事故(無登録農薬の使用などの不適正使用、残留基準値の超過、農薬飛散による汚染など)は、産地全体での出荷停止や商品回収などにつながり、産地全体に大きなダメージを与えます。
 農薬事故のリスクを回避する手段としてGAP手法が有効です。生産部会や出荷組合の構成員全員で生産工程を点検し、改善が必要な部分を話し合い、改善方法を考えましょう。GAP手法に基づいたルールに従った農薬の適正な使用・管理で、信頼される産地をめざしましょう。 

関連資料

GAPに取り組みましょう(PDF形式  2285 キロバイト)

関連リンク

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする