このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【三条】農薬を適正に使用しましょう。
本文はここから

【三条】農薬を適正に使用しましょう。

2016年02月15日
 農薬は、農作物の安定生産に必要な資材ですが、健康への配慮や環境への負荷の軽減、食の安全・安心の確保のために正しく使用しなければなりません。
 毎年、全国各地で農薬による事故が発生し、新潟県でも発生しています。産地の農家1人でも事故を起こせば産地全体に影響がでてしまいます。しかし、事故の多くは、農薬を適切に使用すれば防ぐことができます。
 農薬を使用する際は下記の事項を遵守し、適正な使用・管理を徹底しましょう。

農薬に関する事故の主な原因

・慣れや思い込みによる使用農薬の適用作物、使用時期等の誤認
・使用後の防除器具の洗浄不足
・強風や風向きによる周辺農作物への飛散(ドリフト)
・使用した残りの農薬や農薬の入った容器の不適切な処分
・前作の薬剤の残留(育苗ハウスの園芸利用時注意)
・無登録農薬の使用
・容器移し替え等による誤飲・誤食

適正適正使用のポイント

 ・農薬は、農薬毎に定められた使用方法を遵守すること。
 ・「止水期間」等、使用上の注意事項を遵守しましょう。
 ・住宅地に近接する農地で農薬を使用するときは、事前に周辺住民に周知しましょう。
 ・風の強さや向きに注意するなど飛散防止に努めましょう。
 ・農薬使用の記録をつけましょう。
 ・農薬散布時は、専用保護マスクや手袋、防除衣を着用しましょう。
 ・余った農薬は河川、用水路、下水に流さず適切に処理しましょう。
 ・使用後の防除器具の洗浄を徹底しましょう。
 ・農薬は専用の保管庫に鍵をかけて保管しましょう。

関連資料

農薬は適正に使用しましょう。(PDF形式  413 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする