このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の商工業・産業立地の中の第117回・第118回にいがた県央マイスター塾(鎚起銅器体験コース)受講者募集!
本文はここから

第117回・第118回にいがた県央マイスター塾(鎚起銅器体験コース)受講者募集!

2018年04月20日
 卓越した技能者として認定された「にいがた県央マイスター」から、ものづくりを教わってみませんか? 
受講申込フォーム(受講申込書)は、下部にあります。↓

ぐい呑みづくり

完成品(イメージ)

 自分で作ろう「マイぐい呑み」
 国の無形文化財「鎚起銅器」の製作を体験しよう!

 ~鎚起と鎚起銅器~
  鎚起とは、銅板を金鎚(かなづち)や木槌(きづち)で叩いて立体的な器物を作る技術です。製作には時間や手間が掛かることから、全国的に見ても、その産地は、燕市周辺に唯一残るのみとなりました。
  その技術によって完成された鎚起銅器(ついきどうき)は、その芸術的な美しさから昭和33年に新潟県から「新潟県無形文化財」、昭和55年には文化庁より「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」に指定されています。なかでも、湯沸かしや急須の注ぎ口を繫ぎ目なしで作る「口打ち出し」は、地元に伝わる高度な技術です。

完 成 品 (イメージ)

開催日時

 ● 第117回 平成30年6月23日(土) 10時から15時まで
 ● 第118回 平成30年6月24日(日) 10時から15時まで
   ※この塾では、第117回、または第118回のどちらか1日の参加とさせていただきますので、2日連続の参加はできません。

開催場所

 ● 三条鍛冶道場
   三条市元町11番53号
   ☎0256-34-8080
   ※各回とも同じ会場で開催します。

対象者

 ● 高校生以上及び、一般の方となります。

講師

細野 五郎マイスター

・ 細野 五郎(ほその ごろう)
・ 鎚起銅器(ついきどうき)製造マイスター
・ 【株式会社 玉川堂】
  
・プロフィール
  高校卒業後、父の勧めで親元を離れ玉川堂に入社し現在に至る。
  平成14年度 伝統工芸士に認定される。
  県展、工芸会展等で多数の入賞・入選の実績あり。

玉川 達士マイスター

・ 玉川 達士(たまがわ たつし)
・ 鎚起銅器(ついきどうき)製造マイスター
・ 【株式会社 玉川堂】
  
・プロフィール
  昭和63年 株式会社玉川堂入社
  平成14年 伝統工芸士
  平成19年 匠長(工場長)に就任
     同   日本工芸会正会員に認定される
  平成24年 第59回日本伝統工芸展
  平成26年 第61回日本伝統工芸展入選
     同   伝統工芸日本金工展で石洞美術館賞など受賞多数

募集人数

 ● 第117回 10名
 ● 第118回 10名
  ※各日とも10名の募集です。第117回、または第118回のどちらか1日の参加となります。同一人の2日連続の参加はできません。 

受講料

 ● 5,000円 
 ● 教材費、保険料、諸経費を含みます。

募集締切

 ● 平成30年6月5日(火)必着

受講内容

 ● 鎚起銅器(ついきどうき)の歴史と基礎知識
 ● 鎚起銅器の製作
  ⑴材料(銅板)のなまし
  ⑵打上(うちあげ)
  ⑶錫引(すずひき)
  ⑷着色   

昨年度の塾のようす

受講申込はこちらから↓

 ● 下の受講申込書に記入、もしくは入力し郵送、FAX又は電子メールでご応募ください。
第117回・第118回にいがた県央マイスター塾 案内・受講申込書(PDF形式  352 キロバイト)
第117回・第118回にいがた県央マイスター塾 案内・受講申込書(Word形式  319 キロバイト)

結果通知

 ● 応募された方には、必ず結果を文書でお知らせします。
info@pref.niigata.lg.jp
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする