このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の市町村・地域振興の中の【三条】山紫水明の里「七谷」を元気に~里めぐりイベント「粟麓フェス」に参加しました
本文はここから

【三条】山紫水明の里「七谷」を元気に~里めぐりイベント「粟麓フェス」に参加しました

2017年09月27日
 
地元の活性化のため、地域内外から知恵を借りたいと思う中村さん

 加茂市七谷(ななたに)地区は、宮寄上や下高柳、黒水など旧七谷村の集落で構成している地域です。

 少子高齢化や人口減少が進む七谷地区を元気にしようと、各区長など地元住民が中心となり、そこに、市内外でまちおこしに携わる人達が加わって、平成29年6月から、まちおこしプロジェクトが動き始めました。

 メンバーは、来年度に向けた本格的な活動を行う前に、「七谷元氣プロジェクト準備会」というグループを立ち上げ、その第一歩として、9月3日(日)に、里めぐりイベント「粟麓(あわろく)フェス」を試験的に開催しました。

 当日は、市内外から38名が参加。加茂市の水源池をメイン会場として、水源池周辺の粟ヶ岳山麓の散策や里歩きなどを行った参加者は、加茂川上流の清流や水源池の風景などに感動していました。

 昼食は、清流が育んだ「七谷米」のおにぎりや、地元産野菜のバーベキュー、七谷で養殖しているヤマメの塩焼きなどが振る舞われ、舌鼓を打っていました。

 準備会の代表である中村さんからは、「今回のイベントの経験を踏まえて、次の展開を検討していきたい」とのことです。 

地元の活性化のため、地域内外から知恵を借りたいと思う中村さん


メンバーが作った粟麓(あわろく)フェスの垂れ幕
紅葉で有名な水源池を巡りました。

メンバーが作った粟麓(あわろく)フェスの垂れ幕

紅葉で有名な水源池を巡りました。

加茂市の水源である加茂川のきれいな水に驚いていました。
古代米の田を初めて見た参加者は、みな写真を撮っていました。

加茂市の水源である加茂川のきれいな水に驚いていました。

古代米の田を初めて見た参加者は、みな写真を撮っていました。

獄山寺付近にある通称「おくまん様のがけ」近くにいた野生の猿
自分達でヤマメに竹串をさして、塩焼きを作りました。

獄山寺付近にある通称「おくまん様のがけ」近くにいた野生の猿

自分達でヤマメに竹串をさして、塩焼きを作りました。

七谷の清流が育んだ「七谷米」で作ったおにぎり。味は格別。
日帰り温泉「加茂美人の湯」の入場券をかけた手押し相撲

七谷の清流が育んだ「七谷米」で作ったおにぎり。味は格別。

日帰り温泉「加茂美人の湯」の入場券をかけた手押し相撲


 ちなみに、七谷地区は、佐渡の金の精錬にも使われた「岳炭(たけずみ)」という炭を作っていました。
 そこで、市の事業で、毎年10月から11月の間、水源池のそばで、炭焼き体験が行われています。水源池の紅葉とあわせてお楽しみください。
 開催日など詳しくは、加茂市のホームページをご欄ください。

水源池そばの炭焼き小屋での炭焼き体験【平成28年10月撮影】

水源池そばの炭焼き小屋での炭焼き体験【平成28年10月撮影】