このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の【三条】三条地域振興局と計量検定所で、「燕三条工場の祭典」に参加します。
本文はここから

【三条】三条地域振興局と計量検定所で、「燕三条工場の祭典」に参加します。

2017年09月12日
計量検定所が行っているタクシーメーター検査です。10月6日に実演します。

10月5日(木)~8日(日)に、産業観光イベント「燕三条工場の祭典」が開催されます。

このイベントでは、県央地域の工場や農家などが、「開け!KOUBA」の掛け声のもと、一般の方に仕事場を見ていただき、工業製品や農作物を紹介するほか、様々な体験を提供します。

今年で5回目を迎えますが、県内外から3万5千人以上の来客がある地域を代表するイベントの一つです。


そして、10月5日(木)と6日(金)には、三条地域振興局と計量検定所とがタッグを組んで、初めてこのイベントに参加します。

参加期間中は、タクシーメーターの検査の実演や、管内の地域機関の仕事に関係する「少し珍しいアイテム」を使ったゲームコーナーを設けるほか、にいがた産業創造機構が関わった工場の祭典参加企業の製品などをご紹介します。

ちなみに6日は、みんなのアイドル”トッキッキ”もやってきます。

他の工場を巡るついでに、ちょっと立ち寄っていただけると嬉しいです。お待ちしています!

計量検定所が行っているタクシーメーター検査です。10月6日に実演します。

日時と内容

【日時】平成29年10月5日(木)~6日(金)
    午前10時~午後4時まで

【主な内容】
10月5日
 ・仕事に関する”少し珍しいアイテム”の展示と重さ当てゲーム
 ・にいがた県央マイスターの製品使用体験
 ・にいがた産業創造機構が関わった工場製品の展示など
      
10月6日
 ・タクシーメーター検査実演
  <実演時間>
   ①11:00~11:30頃
   ②14:00~14:30頃
   ③15:00~15:30頃
 ・仕事に関する”少し珍しいアイテム”の展示と重さ当てゲーム
 ・にいがた県央マイスターの製品使用体験
 ・にいがた産業創造機構が関わった工場製品の展示など
正確な1キログラムのおもりのレプリカ。ガラスの中にある金属がおもりです。
飯塚時房マイスター作の包丁。切れ味抜群です!

正確な1キログラムの重り(レプリカ)。ガラスの中にある金属が重りです。

飯塚時房マイスター作の包丁。切れ味抜群です!

トッキッキもやってくる!

6日には、新潟県宣伝課長トッキッキもやってきます。

出演時間は以下の予定ですが、もしかしたら出番が増えるかもしれません。その際は、このHPでお知らせします。
 ①10:40頃
 ②12:00頃
 ③13:00頃
 ④13:40頃
 ⑤14:40頃

会場

【所在地】
三条市興野1丁目13番45号

【問い合わせ先】
企画振興部地域振興課
電話:0256-36-2205
FAX:0256-32-5882

にいがた県央マイスターも工場の祭典に参加します

県央のものづくりの匠として、当局が認定している「にいがた県央マイスター」も工場の祭典に参加します。ぜひお立ち寄りください。

【参加マイスター】
高橋薫マイスター(高橋研磨工業所) 
日野浦司マイスター(日野浦刃物工房)
水野勲マイスター(水野製作所)
高橋千春マイスター(燕市磨き屋一番館)
大岩信夫マイスター(大岩彫金)
細野五郎マイスター・玉川達士マイスター(玉川堂)
斉藤新一郎マイスター(斉藤工業)
時田勇マイスター(時田工場)
スプリングハンマーで鉄を叩く鍛冶作業を教える水野マイスター
金属のヘラを銅版に当て、型を使わず感覚だけで器を作る「空絞り」を見せる時田マイスター

スプリングハンマーで鉄を叩く鍛冶作業を教える水野マイスター【H28.10.6撮影】

金属製のヘラを銅版に当て、型を使わず感覚だけで器を作る「空絞り」を見せる時田マイスター【H28.10.9撮影】

関係団体へのリンク