このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の商工業・産業立地の中の水野 勲(Isao Mizuno) 伝統的鍛冶技術(鉞製造)マイスター
本文はここから

水野 勲(Isao Mizuno) 伝統的鍛冶技術(鉞製造)マイスター

2018年04月02日
水野勲マイスター

にいがた県央マイスター
水野 勲(みずの いさお)
認定称号:伝統的鍛冶技術(鉞製造)

プロフィール
昭和16年生まれ
勤務先:水野製作所

高校卒業後、実家の水野製作所に就職し現在に至る。
三条市・協同組合三条工業会から産業振興への功績により表彰を受ける。
平成23年度、伝統工芸士に認定される。
三条鍛冶集団筆頭師範。

越後三条打刃物の振興に情熱を燃やす

地域に古くから伝わる伝統的な鍛冶技術を守り、鍛接により鉞(まさかり)を作り上げる。
三条鍛冶の鉞製造職人が減少している中で、「今、自分が持っている技術を、広く後継者育成や産業振興のために役立てたい。」と思いを語る。その思いは、越後三条鍛冶集団における後継者育成への取組や、伝統的工芸品の指定を受けた「越後三条打刃物」のブランド確立委員長への就任にも表れている。
保内三王山古墳群から出土した4世紀頃の「鉄斧(てっぷ)」の復元を手掛けるなど、経験に裏付けられた確かな技術は各方面からも高く評価されている。
「個人それぞれ違う良いものを持っているので、その人の個性や特長を生かしながらものづくりを行うことが大切。」と穏やかな口調で語る。

【マイスターのココがすごい!】
三条の伝統的な鉞製造は、刃と頭になる部分を別々に火造りし、それらを合わせて成形するが、現在この手法で製造しているのは水野マイスターの製作所のみ。四つの異なる材料を芯まですべて同じ温度に熱して鍛接する作業が最も難しいと言う。海外での評価も高く、産地のイメージ向上にも貢献している。

スプリングハンマーで鉞を作る水野勲マイスター

進水用斧、鉞

水野マイスター製作の鉞

【進水用斧(左)】
船の進水式のロープカットに使用される斧です。この一振りで船がゆっくりと海に着水し、処女航海へ旅立ちます。

【鉞(右)】
主に薪割りに使用します。

進水用斧(左)、鉞(右)

【問い合わせ先】
 水野製作所
 電話:0256-46-4378
 FAX:0256-46-4541
水野勲マイスター(パンフレットより)(PDF形式  1248 キロバイト)