このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【三条】管内の発生状況
本文はここから

【三条】管内の発生状況

2019年03月27日

主な感染症の発生状況

・定点とは、対象の感染症について、一定の基準に従い、患者発生数を報告する医療機関のことです。
・表の数値は、疾病ごとに全ての報告数を足し合わせ、定点医療機関の数で割ったもの(一週間に一つの定点からどのくらい報告があったのかを示す数値)です。

【インフルエンザに注意しましょう】

☆インフルエンザにかからないためには
 ①外出後の手洗い・うがい
 ②せきエチケット
 インフルエンザの主な感染経路はせきやくしゃみの際に口から発生される小さな水滴による飛沫感染です。せきやくしゃみが出るときは、他の人にうつさないためにマスクをしましょう。
 ③ワクチン接種
 予防接種は、接種後約2週間で効果を発揮します。また、かかってしまった時の重症化予防にも効果があります。
 ④適度な湿度(50%~60%)の保持
 ⑤十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
 ⑥人混みや繁華街への外出を控える

【ノロイウルスによる感染性胃腸炎に注意しましょう】

・例年、冬から春はノロウイルスによる食中毒が発生しやすい時期で、注意が必要です。

☆ノロイウルスによる感染性胃腸炎とは?
 ノロウイルスに感染後、約1~2日後におう吐・下痢・腹痛・微熱などを引き起こします。

☆どうやって感染するの?
 ノロウイルスは手指や食品などを介して、口から入り感染します(経口感染)
 ※回復後も便中に長期間ウイルスが排泄されるため、注意が必要です。


☆ノロウイルスに感染しないためには
①石けんを用いた手洗いを徹底しましょう
②便や吐物を処理する時には、使い捨て手袋やマスクを着用しましょう
③カキなどの二枚外を調理するときは、中心部まで十分に加熱しましょう

集団発生状況