このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【三条】にいがた減塩ルネサンス運動
本文はここから

【三条】にいがた減塩ルネサンス運動

2016年01月26日

にいがた減塩ルネサンス運動とは

 新潟県では、脳卒中、胃がんの死亡率が高く、これらの予防については減塩対策が有効です。
 この対策を進めるためには、中食(できあいの惣菜を家で食べること)や外食の増加など、近年の食環境の変化に応じた取り組みが必要であることから、新潟県では平成21年度より「にいがた減塩ルネサンス」運動を推進しています。

「にいがた減塩ルネサンス」の目標

 ☆食塩は1日1g減らしましょう
 ☆野菜は1日一皿増やしましょう
 ☆果物は1日1個摂りましょう

 野菜や果物に含まれるカリウムは、体内の余分な塩分(ナトリウム)の排泄を促し、減塩効果を高める作用があるので、「塩分(ナトリウム)を減らす」ことと併せて、「野菜や果物などからカリウム摂取量を増やす」ことも目指しています。

無理なく野菜をとるためのポイント(PDF形式  732 キロバイト)
果物で減塩効果(PDF形式  1093 キロバイト)
みそ汁をおいしく減塩するためのポイント(PDF形式  410 キロバイト)

にいがた減塩ルネサンスの取組を紹介します

当部管内における、にいがた減塩ルネサンスの取組をご紹介します。
地域の取組(その1)(PDF形式  930 キロバイト)
地域の取組(その2)(PDF形式  956 キロバイト)
社員食堂での取り組み(PDF形式  1139 キロバイト)
配達弁当に関するアンケート調査(PDF形式  320 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする