このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のエネルギー・情報化の中の海洋エネルギー導入実証試験が行われます
本文はここから

海洋エネルギー導入実証試験が行われます

2014年10月21日
 粟島浦村沖の「海洋再生可能エネルギー実証フィールド」(平成26年7月国選定)を活用して、初となる実海域における海洋エネルギー導入実証試験(浮体式小型潮流発電装置)が行われます。
 また、知事が10月31日(金)に実証試験を視察します。

1 実証試験(概要)

(1)実施主体  新潟県海洋エネルギー研究会、日本大学理工学部(共同実施者)
(2)協力機関  粟島浦村、粟島浦漁業協同組合
(3)期  間  平成26年10月28日(火)~31日(金) 4日間
          28日~29日:内浦漁港での曳航予備試験
          30日~31日:実証フィールドでの実証試験
(4)場  所  粟島浦村北方海域他
(5)試験内容  低流速でも発電可能な浮体式潮流発電装置の小型プロトタイプを実海域に設置し、発電性能、防水性や強度等を検証
(6)装置概要  水 車:50cm×50cm可変ピッチ式アルミ製
         発電機:定格30W(最大100W)
         浮 体:3m×3mスチール製

2 知事視察(日程)

平成26年10月31日(金)午前10時25分から午後1時30分まで
 ○海洋エネルギー導入実証試験の概要説明(粟島総合開発センター3階会議室)
 ○浮体式小型潮流発電装置の船上での視察(粟島浦村北方海域)

※船上視察は、乗船数に限りがあるため代表取材となります。
※悪天候のときには、視察が中止となる場合があります。


【本件についてのお問い合わせ】
 産業労働観光部産業振興課 利根川、野上
  (直通)025-280-5242 (内線)2780

報道資料

報道発表資料(PDF形式  167 キロバイト)
視察日程(PDF形式  216 キロバイト)
海洋エネルギー導入実証試験(PDF形式  328 キロバイト)