このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の商工業・産業立地の中の電気工事士免状の返納について
本文はここから

電気工事士免状の返納について

2009年09月29日
第一種電気工事士は5年以内ごとに1回の定期講習が義務づけられています。
ただし、退職や高齢、病気等の理由で、第一種電気工事士免状が必要でなくなった場合、免状を自主的に返納していただくことができます。
なお、現在電気工事に従事していない場合でも、将来電気工事に従事する可能性がある場合は、免状を返納せずに講習を受け、いつでも電気工事に従事することができるよう、技術の維持・向上を図っておくことがよいでしょう。

電気工事士の返納手続きをご案内します。

【必要書類】
1 電気工事士免状返納届出書・・・1通
 氏名、生年月日等を正確に記入してください。なお、本人が自署する場合は氏名欄に押印は不要です。
 また、免状の交付年月日、交付番号がわからない場合は、空欄のままで構いません。

2 電気工事士免状(返納)
 ※免状を紛失した場合は誓約書に記名・押印をして提出してください。
 なお、失った免状を発見したときは、すぐに返納してください。
電気工事士免状返納届出書(Word形式  25 キロバイト)
電気工事士免状返納届出書(PDF形式  53 キロバイト)
誓約書(Word形式  24 キロバイト)
誓約書(PDF形式  47 キロバイト)
【その他留意事項】
(1)申請書は郵送でも受付しています。
(2)書類の提出先及びお問い合わせ先
   〒950-8570(県庁専用郵便番号ですので、住所の記載は不要です。)
   新潟県産業労働観光部産業振興課 新エネルギー資源開発室
   電話 (025)280-5257