このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【佐渡】「適期中干しの実践!」(稲作生育速報第2号)
本文はここから

【佐渡】「適期中干しの実践!」(稲作生育速報第2号)

2017年06月08日
5月から6月上旬にかけて最大風速10m/sを超える強風の日が多く、風の当たり方によっては生育が緩慢ですが生育量は確保できています。
葉色が淡いほ場も見受けられますが、根の活力を上げるために、中干し・溝切り作業を徹底してください。

1 6月8日現在の生育状況(品種:コシヒカリ 拠点ほ場8か所の平均)
 
 ● 草丈、茎数、葉数は目標値並。葉色はやや淡い。
    
  本 年 前 年
(前年比・差)
目 標 値
(*カレンダー生育目標値比・差)
草丈(cm) 28 30(93) 29 (97)
茎数(本/㎡) 241 255(95) 230 (105)
葉数(枚) 7.2 6.6(+0.6) 7.2 (±0.0)
SPAD値 34.2 36.1(-1.9) 37.0 (-2.8)
                          *カレンダー:「環境にやさしい佐渡米づくり」カレンダー最終頁掲載値

2 今後の管理ポイント  
(1)田植え後35日を目安に本格的に落水し、中干しを始めてください。
   (50株/坪植えでは、茎数が1株あたり15本程度の時)

(2)強風害等で葉先の枯れが著しいほ場では、回復を待ってから中干しに入りましょう。

(3)降雨が少なく、田面が露出したほ場では、雑草の発生がみられます。
   ほ場を見回り、適期に取りこぼし雑草の対応を行いましょう。
 
稲作生育速報第2号(PDF形式  63 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする