このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のブランド魚の創出などによる付加価値向上等への取組について
本文はここから

ブランド魚の創出などによる付加価値向上等への取組について


佐渡寒ブリ、南蛮エビのブランド化などの付加価値向上に取り組んでいます。

ブランド魚の創出

質的に全国トップクラスにある佐渡寒ブリ、ナンバンエビを対象に、消費者から評価されるブランド魚の創出に取り組んでいます。

水産海洋研究所と連携して開発した、海洋深層水で作った氷(深層水氷)を使った鮮度保持技術及び脂質量測定技術を活用しています。

佐渡寒ブリのポスター

佐渡寒ブリ
日本海を南下回遊するブリの群れが冬季に佐渡の定置網に入ります。この時期のブリはたくさんの餌を食べているので脂がのりきって絶品となります。

南蛮エビ
標準和名はホッコクアカエビと言い、甘エビとも呼ばれています。赤い色や形が唐辛子(南蛮)に似ていることから、新潟では「南蛮エビ」と呼ばれています。

ナンバンエビのお造り

ナンバンエビなどの畜養技術の開発

海洋深層水氷を使った畜養施設において、ナンバンエビ(ホッコクアカエビ)などの畜養(短期間活かしたまま保存しておくこと)を行っています。
活ナンバンエビは、島内のホテル、旅館や島外に活かしたまま出荷しています。
活きが良く、独特の食感が好評です。

畜養されるナンバンエビ