このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の林道事業
本文はここから

林道事業


広がる林内路網

県営林道事業について

 県営事業では、「内海府線」と「小佐渡3号線」が平成25年度に開通し、現在は「大佐渡北線」と「小佐渡2号線」の2路線を開設中です。
 (「小佐渡2号線」は平成26年度に完成予定です)
 林道は森林施業のほか、地域振興や災害時の迂回路など多目的に利用されています。
 写真(下左)は「小佐渡2号線」で、弥彦山や角田山など本州の山々を望むことができます。
 写真(下右)は「大佐渡北線」を利用した、木材搬出の状況です。

 平成25年度に開通した「内海府線」は、大佐渡山脈の北端を8.2kmにわたり縦走する林道です。
 この林道は、佐渡の特産品である原木シイタケのほだ木の搬出や、人工林の保育、保安林の管理などのほか、市民のみなさまが森林にふれあう場としても活用されることが期待されています。
 また、国定公園内や新潟大学演習林内を通過するため、道路法面の緑化にあたり、自然環境に配慮した工法を一部で採用しています。


佐渡市営事業について

 平成18年から真野地区の「小川内(おごうち)線」の舗装事業が実施されました。林道小川内線は旧真野町の小川内地区と経塚地区を結ぶ林道で、平成24年度で事業は完了し全線舗装されました。
 写真は舗装後の状況です。今回の舗装工事の完成により、通行の高速化とともに林道沿線における森林整備の一層の推進が期待されます。


林業専用道 新保線の開設について

 林業専用道とは、特に森林整備を目的に開設される路線で幹線となる林道を補完するものとして位置づけられます。
 従来の林道よりも簡易で安価な開設を目指すとともに、沿線の森林整備が目的であることから、切土や盛土を極力減らし既存の地形に沿った路線となることも特徴です。
新保線開設前と開設後の状況写真
 森林専用道新保線は佐渡市の赤泊地区笠取で現在開設中の林業専用道です。佐渡市を事業主体として、平成24年度から事業が開始され平成27年に完了する見込みです。
 上の写真は平成25年度に開設された箇所の開設前(左)と開設後(右)の写真です。付近にはスギの人工林が多いことから、接続する既設の林道笠取線と合わせ当地区での森林整備の促進が期待されます。

林道の通行と管理に関するお願い

 林道は一般の道路と比較して急勾配や急カーブが多く、雑草の繁茂により見通しが悪い場合があります。また集落から離れているため、通行量が少なく、倒木や道路の破損などの発見が遅れる傾向があります。安全には十分留意し、速度を落として通行いただくようお願いします。
 
 一方で、草刈りや側溝の清掃などの日常的な管理でこうした危険は大きく軽減できることから、近隣の集落等での林道の管理にご協力いただきますよう、あわせてお願いします。

 また、林道の破損や不法投棄等を発見された際には、下記にご連絡下さい。
維持管理者:佐渡市 農林水産課 林業振興係
電話:0259-63-3761