このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の木質バイオマスの利用
本文はここから

木質バイオマスの利用


木質バイオマスとは?

 バイオマス資源とは、一般的に「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」とされており、この中で木質バイオマスとしては、林地残材・支障木・製材工場残材・建築廃材・製紙工場廃液(黒液)等があげられます(なお、農産物のバイオマス資源としては、エネルギー用に生産されたトウモロコシやサトウキビといった作物・家畜排せつ物・食品廃棄物・廃食油等があげられます)。

 これらのバイオマス資源をエネルギー等に利用したとしても、大気中の二酸化炭素(CO2)を吸収して成長した植物等を利用するだけなので、全体として大気中の二酸化炭素は増加しません(「カーボンニュートラル」と呼ばれる状態)。

 冒頭に記載したとおりバイオマス資源は再生可能であり、地球温暖化防止に役立つ資源であるといえます(下の図を参照してください)。

佐渡島内での取り組み

 佐渡島内では、平成19年3月に佐渡市がバイオマスタウン構想を樹立し、木質バイオマスと廃食油の利用(BDF:バイオディーゼル)を2本の柱として取り組むこととされています。

 このうち木質バイオマスについては、佐渡緑のリサイクル協同組合が平成18年度にチップ乾燥機1機・チップボイラー1機等、平成19年度にペレット製造機1機・チップボイラー1機等を導入し、木質バイオマスの利活用に努めているところです。