このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のリサイクル・ごみの中の【佐渡】河川パトロールを実施しました
本文はここから

【佐渡】河川パトロールを実施しました

2018年06月12日

川にはたくさんのごみが落ちています。
川に直接捨てられた物の他、道路などにポイ捨てされたごみが道路側溝などを通じて川に集まると考えられています。

佐渡地区廃棄物対策連絡協議会と佐渡地域海岸漂着物対策連絡会議の構成員である、佐渡市、新潟県佐渡地域振興局地域整備部、新潟県佐渡地域振興局健康福祉環境部が合同で、河川ごみの実態の把握のため河川パトロールを実施し、投棄されたごみを回収しました。

<実施日>
 平成30年6月4日(月)
<実施場所>
 国府川支流の大野川及び長谷川
<実施結果>
 ポイ捨てされた空き缶、ペットボトルの他、肥料袋や肥料袋の断片と思われるプラスチック片がたくさん見つかりました。

回収作業の様子と回収されたごみ

ごみを回収している様子

肥料袋が最もたくさん見つかりました

袋詰めされて捨てられたごみ

ポイ捨てされた空き缶も多く見つかりました

ゴミは正しく処分に出しましょう

ポイ捨てされたゴミは、川を汚し景観を損ねるだけでなく、肥料袋などのプラスチックごみは、分解されずに、やがて細かくなって海にたどり着き、ウミガメなどの海生生物へ悪影響を及ぼすことが知られています。

美しい自然環境と豊かな生物多様性を誇る佐渡を守るため、ごみはポイ捨てしたり放置したりせずに、ルールに従い適正に処分に出しましょう。