このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防災の中の砂防課事業紹介(その7:ストック効果)
本文はここから

砂防課事業紹介(その7:ストック効果)

2017年06月26日

「ストック効果」という言葉を聞いたことがありますか。

 道路、上下水道、公園など、公共の利益のためにつくられたものを「社会資本(=インフラ)」と呼びます。社会資本は一度つくれば、適切に維持管理することで、その役割や機能は続いていきます。また、これまでにつくったものに追加して整備すれば社会資本として蓄積していきます。このように、整備により蓄積された社会資本が「ストック」、その整備された社会資本が機能して、効果性や生産性などが向上していく効果が「ストック効果」です。

具体的に「ストック効果」ってなに・・・事例紹介

【万内川・日影沢】新潟県の砂防事業発祥の地・妙高市(PDF形式  1234 キロバイト)
【関川1号砂防堰堤】妙高山麓の豊かな自然景観の保全(PDF形式  465 キロバイト)
【火山砂防事業】糸魚川の大地の恵みを砂防で保全(PDF形式  933 キロバイト)
【羽根川山腹工】メダル獲得、企業進出に貢献!!!(PDF形式  428 キロバイト)
【トヤ沢砂防事業】土石流災害の再度災害発防止!(PDF形式  465 キロバイト)
【水窪地すべり】定着する観光客による地域活性化 ( 465 キロバイト)
【松之山地すべり】地すべり対策による災害再発・未然防止!(PDF形式  424 キロバイト)
【須川南地すべり】地すべり対策は、多くの効果を発揮しています。( 2264 キロバイト)
【鷲尾地区地すべり】地すべり防止施設の効果(PDF形式  462 キロバイト)