このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の労働・雇用の中の高年齢者の雇用・就業促進
本文はここから

高年齢者の雇用・就業促進

2018年07月30日

ライフスタイルに応じた働き方、シニア人材の活用を考えませんか?(新潟県生涯現役促進地域連携協議会)

 高年齢者に従事してもらう職域の拡大や、個人の事情やライフスタイルに応じた短時間・低頻度の就業スタイルなど、多様な就業機会の創出により労働参加を促進することは、人材確保策の一つとしても有効と考えられます。 県内では、厚生労働省の生涯現役促進地域連携事業の採択を受け、平成30年7月から新しい取組が始まりました。ぜひご活用ください。
<生涯現役促進地域連携協議会>

 構成団体
 新潟県(産業労働観光部労政雇用課)※代表団体
 (公社)新潟県シルバー人材センター連合会 ※副代表団体
 (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構(新潟支部)
 (公財)産業雇用安定センター(新潟事務所)
 (一社)新潟県商工会議所連合会
 新潟県商工会連合会
 新潟県中小企業団体中央会
 (一社)新潟県経営者協会
 日本労働組合総連合会新潟県連合会

 事業は、(公社)新潟県シルバー人材センター連合会が主体となり、県と連携しながら、
協議会構成団体及び労働局・ハローワークの協力を得て実施します。

シルバー人材センターの活用も併せてご検討ください!

 県内に21のセンターがあり、働くことを希望する高齢者に対し、経験や能力に応じた仕事を提供しています。労働者派遣や有料職業紹介も行っており、特に労働者派遣は年々増加し、平成28年度実績ではおよそ1,500件、2,500名の派遣登録会員が就業しています。
 会員ニーズに応じた就業開拓や講習会等も行っていますが、センター毎に対応できる仕事は異なります。
 各センターに直接お問い合わせください。
 【派遣・紹介できる主な分野】
  ■農作業・農産加工・出荷      ■工場・倉庫内作業     
  ■販売・商品管理・包装       ■施設管理人・清掃・環境整備
  ■介護・介護補助          ■高齢世帯など家事援助   
  ■調理・給仕            ■送迎運転・運搬・配達   
市町村・取扱いセンター対応表(PDF形式  30 キロバイト)
シルバー人材センターの適正就業ガイドライン(PDF形式  1834 キロバイト)

シルバー人材センターが取り扱う業務について、要件緩和の対象となる業種等を指定しました!(平成30年4月)

高年齢者雇用確保措置の着実な実施をお願いします!

 「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」により、事業主には、希望者全員を65歳まで雇用する制度の導入が義務づけられています。定年を65歳未満に定めている事業主は、以下の雇用確保措置のいずれかを講じることが必要です。

  ①定年の引き上げ
  ②希望者全員を対象とする65歳以上までの継続雇用制度の導入
  ③定年制の廃止

 平成29年6月1日時点の県内の雇用確保措置実施済企業の割合は99.9%(※)と、前回調査に比べ0.2ポイント高くなっています。事業主の皆様には、引き続き雇用確保措置の着実な実施と併せ、法令の義務を超えた生涯現役社会の実現に向け、働きやすい作業環境整備や柔軟な雇用管理等について取組をお願いします。

関係機関リンク