このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の労働・雇用の中のワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)
本文はここから

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)

2015年08月06日

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)とは

 ワーク・ライフ・バランスとは、誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育て・介護の時間や、家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持ち、健康で豊かな生活ができるよう、仕事と生活の双方の調和を実現することを言います。


新潟県ワーク・ライフ・バランス推進共同宣言

 平成19年10月29日に、新潟県、経済界、労働界、行政の各団体が一体となり「ワーク・ライフ・バランス」を推進していくことを宣言し、各団体の代表と知事による署名式が行われました。


ワーク・ライフ・バランスに取り組む目的

 企業を取り巻く環境が大きく変わっている今、企業が変化に対応し、発展していくためには、従業員の働き方が重要なポイントになります。
 企業がワーク・ライフ・バランスに取り組むことは、従業員がやりがいを持って働き続けられる職場環境づくりにつながるとともに、企業経営にとっても、利益を生み出す有効な手段になると考えられています。


 これからワーク・ライフ・バランスに取り組もうとする企業の皆様の参考となるよう、その必要性・メリット、取組の方法、そして現在取り組んでいる企業の事例を紹介しています。


「新潟県ワーク・ライフ・バランス推進研究会」報告書

 新潟県民の働き方やワーク・ライフ・バランスの状況、諸外国の現状や制度について報告書にまとめました。


新潟県ワーク・ライフ・バランス推進セミナー

 「働きやすい、働きがいのある新潟県」を目指し、ワーク・ライフ・バランスを推進するための普及・啓発として、企業の経営者や人事・労務担当者、ワーク・ライフ・バランスに関心のある県民の皆様を対象とした「新潟県ワーク・ライフ・バランス推進セミナー」を開催しています。


ワーク・ライフ・バランス推進のモデルとなる企業の支援

新潟県のワーク・ライフ・バランスの推進を図るため、ワーク・ライフ・バランスの推進に取り組む中小企業等を支援しています。

ワーク・ライフ・バランスについて学識とノウハウをもつコーディネーターを派遣し、それぞれの企業の課題やビジョンに応じたアドバイス等を行い、経営戦略としての「働きやすい職場づくり」を支援します。

企業の経営者、役員、人事・労務・総務のご担当者等に、ワーク・ライフ・バランス推進の意義や手法、ノウハウを学んでいただき、経営戦略としてワーク・ライフ・バランスを推進する企業内リーダーを養成する講座を開催します。


男性の育児休業取得の推進

 ワーク・ライフ・バランスを推進し、安心して出産・子育てのできる環境を整備するため、男女がともに育児に関わることができるよう、県内の男性労働者の育児休業取得を推進しています。


事業所内託児所設置推進モデル事業

 事業所内託児所を設置する企業に運営費を補助し、その取組をモデルとして広く伝えることにより、県内企業の働きやすい職場環境づくりを推進しています。


これまでの取組紹介( 1141 キロバイト)

ワーク・ライフ・バランスに関する資料

リーフレット「仕事と育児・介護の両立のために」

 ライフステージに応じた多様な働き方を選択できるよう、仕事と育児・介護の両立を応援する制度についてご紹介しています。

ハンドブック「働く女性のハンドブック」

 女性が働くうえで役に立つ、是非知っておきたい法律、制度や相談窓口などをまとめています。