このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の県産材を使ったCLT工法の設計実例・構造見学講習会を開催します
本文はここから

県産材を使ったCLT工法の設計実例・構造見学講習会を開催します

2017年10月23日
 県では、充実しつつある県内森林資源の利用促進による林業の振興を進めています。CLT(直交集成板)は、これまで木材があまり使われていなかった中層・大規模建築物に使用できる木質材料として注目されており、県では、県産材の利用拡大に向けて、CLTの普及に取り組んでいます。
 現在、CLT工法を採用し建築を進めている県立青少年教育施設(仮称)野外活動支援棟において、設計者、施工者、デベロッパー、市町村等を対象に設計実例・構造見学講習会を開催します。CLT工法の構造見学ができる良い機会ですので、興味のある方の参加をお待ちしています。

講習会概要

1 開催日時:11月28日(火)
       1回目9時30分~12時00分
       2回目13時15分~15時45分
       (受付は開始15分前から)
2 会  場:(1)受付、室内講義
         胎内市産業文化会館会議室(胎内市新和町2番5号)
       (2)構造見学
         県立青少年教育施設(仮称)野外活動支援棟(胎内市乙字大日裏1503番)
       ※構造見学会場へは貸切りバスで移動します
3 内  容:室内講義(CLT工法の特徴と当施設の設計について)
       構造見学(CLT構造の実際と施工時の留意点について)
4 参加費 :無料
5 定  員:200名

<参考>
CLT工法に関する今後の講習会等の予定
 (1)中山間地農業技術センター(長岡市)
   ・完成見学会(1月上旬)
 (2)野外活動支援棟
   ・完成見学会(3月)
       
開催案内・申込書(PDF形式  163 キロバイト)