このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の森林・山村多面的機能発揮対策交付金
本文はここから

森林・山村多面的機能発揮対策交付金

2018年06月20日
森林は、国土の保全、水源の涵養、生物多様性の保全等の多面的機能の発揮を通じて、国民が安全で安心して暮らせる社会の実現や、木材等の林産物の供給源として地域の経済活動と深く結びつくなど、貴重な再生可能資源です。その恩恵を将来にわたって永続的に享受するには、森林を適正に整備・保全することが重要です。
しかし、森林・林業を支える山村の過疎化・高齢化が進む中、これまで様々な資源の利用を通じて地域住民の生活を支えていた森林との関わりが希薄になってきており、特に、集落周辺の里山林をはじめとした生活圏に隣接した旧薪炭林のような森林においては、藪化の進行や竹の侵入等により、森林の有する多面的機能の発揮が難しくなっています。
このような集落周辺の森林の保全については、通常の木材生産を主目的とした森林整備では対応できないものであり、コミュニティの関心や活力を向上することで対応を促すことが最も効率的かつ効果的です。
本事業は、森林所有者や地域住民等が協力して森林の有する多面的機能を発揮させるための保全活動及び山村地域の活性化に資する取組に対して支援する制度です。

1 事業内容

【対象者】
 ・森林所有者、地域住民、自治会等の地域の実情に応じた、3名以上の者で構成された団体、NPO法人、森林組合、生産森林組合 など

【対象森林】
 ・森林経営計画及び森林施業計画を策定していない森林  
 (森林所有者との活動協定が必要)

【対象事業】
 ・里山林保全活動、竹林整備活動、森林環境教育 など

2 国関係通知

森林・山村多面的機能発揮対策実施要綱(H29.3.31最終改正)(PDF形式  165 キロバイト)
森林・山村多面的機能発揮対策実施要領(H30.3.27最終改正)(PDF形式  1015 キロバイト)
森林・山村多面的機能発揮対策交付金 Q&A集(活動組織用)(H30.4)(PDF形式  537 キロバイト)
森林・山村多面的機能発揮対策交付金 Q&A集(実務者用)(H30.4)(PDF形式  568 キロバイト)
森林・山村多面的機能発揮対策の手引き(H30.4)(PDF形式  8950 キロバイト)
モニタリング調査のガイドライン(H30.4)(PDF形式  4489 キロバイト)
 

3 問い合わせ先

 事業の詳細や申請方法等については、下記の協議会事務局又は、最寄りの市町村林務担当課、県林政課・治山課までお問い合わせください。
<連絡先>
越後ふるさと里山林協議会事務局(新潟県森林組合連合会)
〒950-2144 
 新潟市西区曽和521-3
 電話:025-261-7111 fax:025-261-0526
 
森のイメージイラスト