このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の県産材利用推進に関する基本方針について
本文はここから

県産材利用推進に関する基本方針について

2017年05月01日
 新潟県では公共建築物等における県産材をはじめとした木材の利用を推進するとともに、県自らが積極的に県産材利用に取り組むため、「公共建築物等における県産材利用推進に関する基本方針」および「県産材利用の取組方針」を定めました。

基本方針策定の背景

 本県は、豊富な森林資源に恵まれており、県内の需用をまかなえるだけの資源があります。しかし、県産材の供給割合は約29%(H27)にとどまっています。
 県産材の使用促進は、二酸化炭素吸収源として地球温暖化防止などの公益的機能の発揮や、再生産可能な木材を積極的に活用することによる循環型社会の構築など、県民の安全で快適な生活環境の確保につながります。豊富な資源を活用し、地域の林業・木材産業の健全な発展を図り、適正な森林整備を促進していくことが課題となっています。
「県産材利用の手引き」(H29.4改訂版)はこちら(PDF形式  5816 キロバイト)

県産材利用推進に関する基本方針・県産材利用の取組方針

基本方針、取組方針については以下をご覧ください。

公共建築物等における県産材利用推進に関する基本方針(PDF形式  153 キロバイト)
県産材利用の取組方針(PDF形式  132 キロバイト)

県での県産材利用の取組

 公園施設や駐在所など、各種公共建築物の木造、木質化や、公共土木工事での土木資材としての利用、机やプレートといった木製品などに、新潟県産材が使われています。
新潟県での県産材利用の取組例(林政課調べ)

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする