このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の新潟発 田んぼダム実施中
本文はここから

新潟発 田んぼダム実施中

2017年11月01日

田んぼダムとは

 田んぼダムとは、田んぼが元々持っている水を貯める機能を利用し、大雨が降った時に田んぼに一時的に
水を貯めることで、洪水被害を軽減する取組です。
 農家が簡単に始められる自主防災の取組です。
 平成14年度に旧神林村(村上市)で全国に先駆けて取組が始まりました。

平成29年度の取組状況

田んぼダムの取組は年々拡大しており、平成29年度は県内15市町村の13,943haで取り組まれています。
  

田んぼダムの取組事例

 県内各地で取組みされている田んぼダムの事例を紹介します。
 田んぼからの落水を調整する装置は、田んぼの排水口の形状などにより異なりますが、それぞれ効果を発揮しています。

田んぼダムのぼりを作成しました


田んぼダムパンフレット

田んぼダムパンフレット 表紙-裏表紙(PDF形式  922 キロバイト)
田んぼダムパンフレット P1-2(PDF形式  1022 キロバイト)
田んぼダムパンフレット P3-4(PDF形式  997 キロバイト)