このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の大雪に伴う農林水産業用施設及び農作物等の被害を防止するため、注意を呼びかけています。
本文はここから

大雪に伴う農林水産業用施設及び農作物等の被害を防止するため、注意を呼びかけています。

2018年02月09日
 新潟地方気象台が2月9日14時3分に発表した「大雪に関する新潟県気象情報 第1号」によると、県内では、11日から13日頃にかけて再び冬型の気圧配置が強まるため、荒れた天気となり、大雪となるおそれがあります。
 また、10日は南風が吹き気温が上昇して午後から雨が降り出す見込みで、雨による加重の影響も懸念されます。
 ついては、特にハウスや果樹棚など農林水産業用施設等の被害を防止するため、別紙「大雪に伴う農林水産業用施設及び農作物等の管理対策」により、農業者等へ農林水産業用施設等の管理の徹底を呼びかけています。
○ 対策の内容
 別紙「大雪に伴う農林水産業用施設及び農作物等の管理対策」のとおり。
 以下の添付資料をご覧ください。
大雪に伴う農林水産業用施設及び農作物等の管理対策(PDF形式  125 キロバイト)