このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の花き
本文はここから

花き

2019年05月01日

特産品(花き)

 新潟県では、海岸に広がる砂丘地から山間高冷地までの特色ある立地条件を生かして多様な品目が栽培され、県内はもとより全国各地に出荷されています。
 そのうち花き3品目をご紹介します。

チューリップ

チューリップ切花

 産出額6億の日本一の産地で、全国各地の市場へ出荷しています。
 300品種を超える多様な品種と品質の良さが自慢です。

 主な産地  新潟市、胎内市、新発田市
 出荷量  1,177万本(平成29年度) 全農にいがた販売実績

チューリップ球根

 全国有数の出荷量で、下越地区や新潟地区の砂丘地や水田で栽培されています。
 色とりどりの品種があり、良質な球根を全国に届けています。

 主な産地  胎内市、新潟市、五泉市、新発田市 
 出荷量   917万球(平成29年度)  新潟県花き球根振興協議会検査実績

ユリ

ユリ切り花

 作付面積日本一を誇る産地です。
 豪華絢爛なオリエンタル系ユリと繊細優美なLAユリ、スカシユリを、全国各地の市場に出荷しています。

  主な産地  魚沼市、津南町、村上市
  出荷量  1,290万本(平成28年)

アザレア

 東京都中央卸売市場で98%のシェアを誇る新潟県の特産です。
 一重、八重、絞りなどバラエティーに富んだ花が、主に10月から4月まで出荷されています。

 主な産地  新潟市
 出荷量  16万鉢(平成29年 東京都中央卸売市場)