このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中のにいがたのお米・大豆
本文はここから

にいがたのお米・大豆

2019年05月01日

米(水稲)

 新潟県における平成29年産米の作付面積は116,300ha(もち米、酒造好適米等含む)、収穫量は611,700tで、いずれも都道府県別では全国第1位です。
 新潟県は「コシヒカリ」に代表されるお米の産地として、全国的に知られています。
 ここでは、新潟県のお米や米づくりを紹介します。
(注)数値は、いずれも農林水産省統計から
農業者の方々が丹誠込めて、おいしい「新潟米」がつくりだされます。
ここでは、新潟県の米づくりの流れを紹介します。
「新潟米」というと、コシヒカリのイメージが強いですが、新潟県のお米の品種はコシヒカリだけではありません。
ここでは、新潟県で栽培されている、様々なお米の品種を紹介します。
新潟県のお米や米づくりについて、よくある質問を紹介します。

大豆

 新潟県における平成29年産大豆の作付面積は5,160ha、収穫量は9,240tで、いずれも都道府県別では全国第7位となっており、実は新潟県は米だけでなく、大豆もたくさん生産している大産地なのです。
 ここでは、新潟県の大豆の生産状況を紹介します。