このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の3 食味試験の状況
本文はここから

3 食味試験の状況

2017年06月30日
(1)試験研究調査

[作物研究センターにおける奨励品種決定調査]
・平成10年~14年 5カ年平均
・「食味(総合)」作物研究センター研究員による食味調査20~25名
・「味度(値)」機械による測定
食味試験の結果(PDF形式  93 キロバイト)


(2)消費者への食味調査

[「新潟米」運動の部会での県外食味調査]
・消費者アンケート 平成15年11月 824人
(東京) 平成17年 1月 157人
・県外消費者モニタリング調査 平成15年10月(新米)17世帯53人
(東京・大阪・名古屋) 平成16年 7月(梅雨越し)16世帯55人
消費者への食味調査
消費者への食味調査

(3)卸売業者への食味調査

[全農にいがた県本部による県産米を取り扱う卸売業者へのアンケート]
・平成14年10月 65人
・平成15年10月~12月 904人
卸売業者への食味調査
卸売業者への食味調査
(4)品種構成の異なるコシヒカリBLの食味官能試験

[一般財団法人日本穀物検定協会による食味官能試験]
・平成21年~平成23年産米 3か年平均
 (報告書番号:21穀検本第1636号、 22穀検本第1836号、23穀検本第1742号)
・食味評価パネラー20名による食味官能試験

・コシヒカリBLの食味の総合評価は、いずれの品種構成でも、従来のコシヒカリとの間に統計上の有意な差はない。
品種構成の異なるコシヒカリBLの食味試験
品種構成の異なるコシヒカリBLの食味試験
(5) 一般財団法人日本穀物検定協会による食味ランキング

[全国の産地別品種別のランキングを毎年公表]
・コシヒカリBLが導入された平成17年産もこれまでと変わりなく評価
 
品種名  地域 年          産        
28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17  16 15 14 13 12 
コシヒカリ 岩船 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A A’ 特A
下越 A  特A
中越 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A
魚沼 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 
上越 特A 特A 特A 特A 特A 特A
佐渡 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A 特A
 
 
 
 
 
※ 佐渡の16年産は、作柄不良により評価なし。
(参考) 
・ 食味ランキング 特A、A、A’、B、B’の5段階
・ 一般財団法人日本穀物検定協会の基準米と同等のものがA’
・ 平成元年より、特Aランクが作られた現在の方法で調査開始