このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【農大】双子の子牛が産まれました
本文はここから

【農大】双子の子牛が産まれました

2017年12月21日
 12月17日にホルスタイン種(乳牛)のおかあさんから双子の子牛が産まれました。
 乳牛、肉用牛とも出産が続き、寒い中事故が無いよう学生たちも万全の注意を払い飼養管理を行っています。
 双子の子牛は人工授精で受胎したものですが、受胎の確率を上げるためホルスタイン種と黒毛和種の精子をそれぞれ使用して2回授精したため、遺伝子検査による親子判定を行っています。ホルスタイン種の雌であれば大学校に残し、学生の子牛育成技術の課題研究に活用する予定です。

12月17日に産まれた乳牛の双子の子牛

授乳中の黒毛和種の子牛(奥が12月15日に産まれた子牛)