このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【農大】海外農業研修(シンガポール・ベトナム)に行ってきました
本文はここから

【農大】海外農業研修(シンガポール・ベトナム)に行ってきました

2017年12月04日
 11月9日(木)から11月17日(金)の9日間、学科2学年がシンガポール・ベトナムへ農業研修に行ってきました。
 シンガポールでは、稲作経営科が学校で栽培した米を現地で精米し、学生がデザインしたパッケージへ袋詰を行う精米実習を行い、園芸経営科・畜産経営科は小面積で生産可能な回転式の高設の野菜生産施設のスカイグリーンを視察しました。また、全科がジュロンポイントのショッピングモールで、前日に精米・袋詰めした米の販売実習を行いました。
 ベトナムでは、JICAの取組についての講義のあと、ホーチミン市近郊で海外からの投資を募って生産している農業ハイテクパークで、らんやメロンの育種と生産を行っている施設やきのこ栽培施設、日本向けのドラゴンフルーツの出荷施設を見学しました。
 ホーチミンから北へ300kmの標高1500mの高原地であるダラットでは、花き等の植物を培養施設を用いて育種から栽培、加工を行っているFBIO コーポレーションと、日本の企業が、花、野菜を現地生産しているアジアフラワーコーポレーション(本社 富山県)を視察しました。
 最終日は、戦争証跡博物館等ホーチミン市内見学を行い、帰国しました。

 学生は、シンガポールでの販売体験やベトナム等異文化を体験し、国際的な感覚を身につけ帰国しました。

 海外研修の様子を写真で紹介します。

海外研修の一コマ

シンガポール 精米実習

シンガポール 学生がデザインしたパッケージへ袋詰

シンガポールでの農大産米の販売実習1

シンガポールでの農大産米の販売実習2

シンガポールでの農大産米の販売実習3

シンガポールでの農大産米の販売実習4

ベトナムにおけるJICAの取組講義

農業ハイテクパーク(らんの施設)

農業ハイテクパーク(きのこの栽培施設)

農業ハイテクパーク(ドラゴンフルーツの日本向け出荷1)

農業ハイテクパーク(ドラゴンフルーツの日本向け出荷2)

FBIO Corp.(バラの花の加工品販売)

FBIO Corp.(温室)

FBIO Corp.(温室)

アジアフラワーコーポレーション1

アジアフラワーコーポレーション2

アジアフラワーコーポレーション3