このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の農業・農村の持つ多面的機能
本文はここから

農業・農村の持つ多面的機能

2009年03月05日

~農業・農村は、食料の生産はもちろん、様々な役割(機能)を果たしています~

①洪水防止機能

○水田は周囲を畦畔で囲まれ、大雨の時に雨水を一時貯留し下流及び周辺に徐々に流すことにより、洪水を防止・軽減する機能があります。また、畑は土壌中の空隙に雨水を一時貯留します。

②水源かん養機能

○水田に貯留されたかんがい用水や雨水の多くは地下に浸透し、その一部は下流で湧水となって、河川に還元されることにより、河川の流量の安定化に貢献しています。
○また、地下浸透し、流域の地下水をかん養します。この地下水は、下流の生活、工業用水等に利用されています。

③土壌浸食防止機能

○水田土壌面は平坦であり、水田に貯えられた水や、畑に植えられた植物の葉や茎が雨滴や風の影響を和らげることにより、土砂の流出や飛散を抑制します。

④土砂崩壊防止機能

○農業生産活動を通じて農地が補修されているほか、水田はかんがい水を穏やかに浸透させ地下水の急激な上昇を抑制することにより、地すべりなどの災害を抑制します。

⑤有機性廃棄物処理機能

○適切に管理された農地土壌で、バクテリアなどの微生物が、食物残渣などの有機性廃棄物を分解し、再び農作物が養分として吸収できる形に変えます。

⑥気候緩和機能

○農地で栽培される作物は光合成や蒸発散により光や熱を吸収し、また、水田では水面からの蒸発や水の比熱の大きさにより気候(気温)を緩和します。

⑦保健休養・やすらぎ機能

○農村における澄んだ大気、きれいな水、美しい緑、四季の変化などが、訪れたものに安心を与え、気分を落ち着かせ、精神を癒すなど保健休養・やすらぎの場を提供します。

⑧食料安定保障機能

○一定水準の生産能力を維持することにより、不測の事態や将来の需給ひっ迫に対するリスクを軽減し、県民の食料確保に関する不安を除去することにより社会的安定に貢献します。

⑨その他の機能

○その他の機能としては、「生物生態系保全機能」「原風景の保全、人工的自然景観の形成機能」「伝統文化の保存機能」「体験学習と教育機能」など幅広い機能があります。

 
 農業・農村は、単に農産物等の供給だけでなく、国土や環境の保全、自然とのふれあいを通した教育の場の提供、地域色豊かな伝統文化の継承など、様々な機能(=多面的機能)を持っています。
  新潟県の農業の多面的機能の評価額については、平成13年に農林水産省が公表した評価手法を基に、ほぼ同様の手法で平成14年に試算したところ、年間 4,488 億円の評価額と推定されました。(表1)
 この評価額は、①~⑦の機能を貨幣換算した合計額ですが、農業・農村の機能は、他にもなかなかお金に換算できない多くの価値を持っています。






写真:十日町市(旧松之山町)


表1.農業・農村の多面的機能の評価額(本県と全国)

(単位:億円/年)
※新潟県では、田んぼの貯水(ダム)機能による①洪水防止機能の評価が大きい。