このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の【新津】「土木出張PR in 川東中学校」を開催しました
本文はここから

【新津】「土木出張PR in 川東中学校」を開催しました

2018年02月05日

「土木出張PR in 川東中学校」を開催しました

土木の魅力を子どもたちに伝え、将来の担い手を確保することを目的として、平成30年1月31日(水)に五泉市立川東中学校の2年生38人を対象に土木出張PRを開催しました。
地域の暮らしを支える建設業界4者(新潟県、建設コンサルタント、施工会社、測量会社)が協力して土木の魅力を伝えました。

建設業界4者それぞれが土木の魅力を伝えました

今回の出張PRは、新津地域整備部、(一社)建設コンサルタンツ協会北陸支部、(一社)新潟県建設業協会新津支部、(一社)新潟県測量設計業協会から計8名が出張メンバーとして参加しました。
最初に進行役から、土木の仕事について簡単に紹介した後、新潟県、建設コンサルタント会社、施工会社、測量会社で働く人たちが順番に前に出て、それぞれの仕事の魅力を生徒たちに伝えました。
新潟県や施工会社からは、年々増えている女性職員が登場し、女性でも働きやすい職場であることなどをPRしました。

【1番手】新潟県の女性土木職員が魅力を伝えました

【2番手】建設コンサルタント会社の人が魅力を伝えました

【3番手】施工会社の女性職員が魅力を伝えました

【4番手】測量会社の人が魅力を伝えました

測量デモンストレーションも行いました

4番手の測量会社PRでは、測量デモンストレーションも行いました。
測量器械の名前や使い方などを紹介した後、実際に生徒から教室の柱と柱の間の距離を測ってもらいました。
また、教室の後ろに貼ってあった生徒たちの集合写真を測量器械で覗いてもらったところ、一人ひとりの顔がはっきりと見え、思わず「すげぇ~!」と驚いていました。
時間の許す限り多くの生徒からも覗いてもらい、測量器械の凄さを体感してもらいました。

生徒から壁と壁の間の距離を測ってもらいました

多くの生徒からも測量器械を覗いてもらいました

最後に記念撮影を行いました

最後に、出張メンバーが「土木出張PR in 川東中学校!」と書かれたパネルを持ち、生徒と一緒に記念撮影を行いました。
生徒代表からは、「土木にはいろいろな仕事があることがわかり、とても勉強になりました」とお礼の言葉をいただきました。
今回の出張PRがきっかけとなって、土木を目指す人が増えてくれたら嬉しく思います。
生徒全員と記念撮影を行いました