このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の建設業の担い手確保に関する意識調査の結果
本文はここから

建設業の担い手確保に関する意識調査の結果

2017年02月02日

意識調査の目的

 昨今の建設業界は、若者が少なくなり高齢化が進むことで、建設業者の存続を危ぶむ声が聞こえており、担い手の確保が大きな課題となっています。この先を想像すると、不安を感じざるを得ません。
 そこで、新津地域整備部では、地元建設業者の皆様と力を合わせて、建設業の担い手確保に取り組んでおり、この取り組みの手掛かりとするため、当部管内の建設業で働く労働者の声をアンケート形式で伺いました。

アンケート結果

 本アンケートは、建設業労働災害防止協会新潟県支部新津分会に加入されている建設業者の労働者を対象としています。
 回答いただいた全体の集計の他に、職種別、世代別に集計した結果もご覧いただけます。


アンケート配布数:1,190人
全体回答者数:532人
全体回答率:44.7% 
建設業界の担い手確保に関する意識調査(全体版)(PDF形式  97 キロバイト)
建設業界の担い手確保に関する意識調査(別紙1 問8)(PDF形式  136 キロバイト)
建設業界の担い手確保に関する意識調査(別紙2 問12)(PDF形式  191 キロバイト)
建設業界の担い手確保に関する意識調査(職種別)(PDF形式  114 キロバイト)
建設業界の担い手確保に関する意識調査(世代別)(PDF形式  111 キロバイト)