このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の【新津】「忠犬タマ公」の冊子が発行されました
本文はここから

【新津】「忠犬タマ公」の冊子が発行されました

2016年03月04日

「忠犬タマ公」の冊子が発行されました

皆さんは「忠犬タマ公」をご存知ですか。
村松公園や新潟市の白山公園、新潟駅などに「忠犬タマ公」の像があります。お気づきでしたでしょうか。
忠犬と言えば渋谷のハチ公が有名ですが、こちらのタマ公も負けず劣らずの名犬です。

タマ公は、旧村松町の早出川沿いにある暮坪集落で生まれたメスの柴犬で、早出川を少し上った中川原集落にいた刈田吉太郎さんという猟師に引き取られました。
タマ公は、昭和9年と昭和11年の二度にわたり、雪崩に巻き込まれた主人を両方の前足を血だらけにしながら掘り出して助けました。
主人の命を二度も助けたタマの活躍は、日本だけでなく世界中の新聞やラジオで報じられました。
こうしてタマは、忠犬タマ公として有名になったという感動のお話です。

そんな雪崩から主人の命を二度も救ったタマ公の逸話を綴った冊子が平成27年5月に発行されました(山川栄氏著)。
子供にも読みやすく作られており、雪崩防災教育にも活用できます。
冊子は、五泉市内の学校や県内の図書館などに寄贈されたほか、新津地域整備部や五泉市役所でも保有しています。
冊子をご希望の方は、計画調整課までお問い合わせください。
電話 0250-24-9674

「忠犬タマ公」冊子の表紙

「忠犬タマ公」冊子はこちらからダウンロードできます(PDF形式  2948 キロバイト)
 

白山公園のタマ公像

新潟駅構内のタマ公像

 
早出川ダム最新情報や五泉市役所ホームページで、忠犬タマ公について詳しく紹介しています。
こちらもぜひご覧ください。