このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の【新津】早出川ダム最新情報 ~今日の早出川ダム(H29.7.21)
本文はここから

【新津】早出川ダム最新情報 ~今日の早出川ダム(H29.7.21)

2017年07月21日
こんにちは、早出川ダム管理所(新津地域整備部 ダム管理課)です。
早出川ダムでは洪水調節、特定かんがい用水などの安全・安心はもとよりダムによる地域振興を目指しています。

早出川ダムとダム周辺の最新情報を随時お伝えしていきます。

これからも「早出川ダム最新情報」へのアクセスを宜しくお願いします。

ダム管理所より貯水池上流側を望む(平成29年7月21日撮影)…制限水位以下になっています。

ダム管理所よりダム堤体を望む(平成29年7月21日撮影)…制限水位以下になっています。

早出川ダム流況・気象情報

  今日の早出川ダムの状況 (9時現在)
 1. 天     気                     晴れ
 2. 貯 水 位         EL.164.40 m
 3. 流 入 量                  11.73 m3/s
 4. 放 流 量                  10.34 m3/s
 5. 気    温                  29.7   ℃
 6. 水    温                  21.4   ℃
 7. 気    圧                991.8   hpa
 8. 雨        量 (換算・24時間累計)                    0        ㎜
 9.  積    雪                   0       cm
【表の解説】
早出川ダムでは、色々な気象用観測機器があり、上表のデータは全てダム地点での観測数値です。
 1.天 気…ダム管理所から見る天気。
 2.貯水位…ダム貯水池の水位。(数値は標高を表している。新潟県庁の地盤の標高はEL3.6m)
 3.流入量…貯水池に流れ込んでくる河川水の量のこと。流入量を直接測定することは出来ないので、貯水位や放流量等から計算して算出している。
 4.放流量…発電やゲート等の操作によりダムから下流に放流する河川水の量。
 5.気 温…ダム構内の百葉箱にある気温計による測定値。
 6.水 温…ダム貯水池の水面下50cmでの水温。
 7.気 圧…ダム構内の百葉箱にある気圧計による測定値。(単位のhPaは「ヘクトパスカル」と読む。地球上の海抜面の大気圧を平均した標準大気圧は1013hPa)
 8.雨 量…ダム管理所屋上にある雨量計による測定値。
 9.積 雪…ダム構内にある超音波式積雪計の測定値。

速報版 【安全・安心】 早出川ダム 洪水調節しました  (平成29年7月18日)…早出川ダム既往最大流入量(951m3/s)でした 【記録更新】

平成29年7月18日(火曜日)に早出川ダムでは、洪水調節を行いました。

7月17日(月曜日)夜中から、新潟県では、上空に寒気を伴った気圧の谷が通過し、大気の状態が非常に不安定となり、18日(火曜日)未明から昼過ぎにかけては線状降水帯が発生し停滞した影響で、短時間で非常に強い雨が降り、大雨となりました。

新潟地方気象台からの発表は、
 〇17日21時26分…五泉地域に大雨洪水注意報発令、雷注意報継続
 〇17日23時36分…五泉地域に大雨警報発令、雷洪水注意報継続
 〇18日 3時10分…五泉地域に洪水警報発令、大雨警報・雷注意報継続

ダム地点の雨量は、17日23時から18日5時までは時間雨量は最大13mmでしたが、
その後、急に雨足が強くなり、18日の時間雨量は
 〇5時~6時32mm  〇6時~7時15mm、
 〇7時~8時41mm  〇8時~9時20mm
 〇9時~10時12mmと続き、12時まで総雨量157mmになりました。
しかしこの日は、この後も次から次へと新たな線状降水帯が発生して、降雨予測がとても困難な状態になりました。

また、早出川ダム上流にある長峰雨量観測所では、7時~8時が68mmとなり、総雨量202mmにもなりました。


※言葉の意味:洪水調節…洪水(早出川ダムへの流入量が130m3/s以上の流入)の下流への放流量を調節する放流操作のことで、下流部における洪水被害を防ぐこと。

平成29年7月18日 午前8時頃の早出川ダム

このような気象状況のなかで、ダムへの流入量が1時頃から上がり始めました。1時で14m3/sの流入量は1時30分には107m3/sになり、今後も増水する傾向であるので、同時刻で洪水警戒体制に入りました。
(洪水警戒体制に入るとダム職員全員で対応にあたります)

4時16分に第1波ピーク流入量254m3/sとなり、その後一旦流入量は下がりました。
しかしその後、7時からダムへの流入量が急激に上昇してきました。
それは、ダム完成時(昭和54年)から経験したことがないような急激な流入量の増加で、洪水の第2波のピーク流入量は8時35分に951m3/sになり、計画最大流入量910m3/sを超えました。

【ダム流入量】
 〇7時00分…141m3/s 〇8時00分…550m3/s
〇8時35分…951m3/s 〇9時00分…687m3/s
【ダム放流量】 
ダムからの放流は下流の安全のために、徐々に上げていきます。
 〇7時00分…128m3/s 〇8時00分…225m3/s
 〇8時35分…247m3/s 〇9時00分…278m3/s
 
また、ダムでは下流の安全確保のため、サイレン吹鳴や河川パトロール車が出動しています。

善願水位観測所では、急激に水位が上昇し避難判断水位、氾濫危険水位を超えたため、五泉市内全域に18日9時5分に避難勧告が発令されました。(19日7時解除)
ダムにおいても「ただし書操作」の準備を進めるほどの状態になりました。
その後いくつかの線状降水帯が、早出川ダム方面に向かってきましたが、事なきを得ました。

平成29年7月18日 午前8時頃の雨雲レーダー (線状降水帯が早出川ダム方向にきています)

平成29年7月18日 午前7時30分頃の早出川ダム脇の滝…滝が濁っています

平成29年7月18日 午前10時20分頃の早出川ダム…最高水位EL178.8m(洪水で貯水池の水位が14m上昇しました)

【お知らせ】 早出川ダム周辺の道路情報

 
 主要地方道新潟村松三川線の五泉市高石から阿賀町大須郷の区間は、幅員が狭く雪崩の危険性もあるため、冬期間は全面通行止めとなっていましたが、除雪・路面清掃・安全施設の点検が完了したので、4月24日午後3時から規制を全面解除しました。
 

早出川ダムカードパンフレット 【携帯用】

携帯にとても便利な「早出川ダムカードパンフレット」が出来ました。

A4版で両面印刷し、三つ折りにすると完成します。
とても、持ち運びに便利な「早出川ダムカードパンフレット」です。

パンフレットには、早出川ダムへのアクセスや新潟県のダムカードマップも
ついており、ダムカード収集にはとても便利な内容になっています。

ぜひ、ダムカード収集のお供にどうぞ。

パンフレットの印刷は、下記の添付ファイルから出来ます。  


早出川ダムカードパンフレット 【携帯用】はこちらです。(PDF形式  798 キロバイト)
現在の早出川ダム観測情報はこちら  早出川ダムトップページへ  早出川ダム最新情報(過去倉庫H27年5月~6月分)はこちら  早出川ダム最新情報(過去倉庫H27年7月~8月分)はこちら 早出川ダム最新情報(過去倉庫H27年9月~10月分)はこちら 早出川ダム最新情報(過去倉庫H27年11月~12月分)はこちら 早出川ダム最新情報(過去倉庫H28年1月~2月分)はこちら  早出川ダム最新情報(過去倉庫H28年3月分)はこちら 早出川ダム最新情報(過去倉庫H28年4月~5月分)はこちら  早出川ダム最新情報(過去倉庫H28年6月~7月分)はこちら
早出川ダム最新情報(過去倉庫H28年8月~9月分)はこちら  早出川ダム最新情報(過去倉庫H28年10月~11月分)はこちら 早出川ダム最新情報(過去倉庫H28年12月~H29年1月分)はこちら 早出川ダム最新情報(過去倉庫H29年2月~H29年3月分)はこちら 早出川ダム最新情報(過去倉庫H29年4月~H29年5月分)はこちら 早出川ダム最新情報(過去倉庫H29年6月~H29年7月分)はこちら

新津地域整備部からのお知らせ