このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の【新潟】山の下閘門 筏(いかだ)通航予定
本文はここから

【新潟】山の下閘門 筏(いかだ)通航予定

2018年04月09日
【通航予定】
平成30年4月14日(土)~平成30年4月19日(木)
時間 8時~18時50分
 ※1日に10回程度、筏が閘門を通航します。
  筏の通航が多い時間帯は、午前9時~11時、午後2時~5時です。
  強風等、天候により運搬作業が行われないことがあります。

 

輸入南洋材の水上輸送

新潟西港で船から降ろされた南洋木材(マレーシア産など)は、筏(いかだ)に組まれた後に作業船に引かれて、通船川の中流にある県営貯木場へ運ばれます。
貯木場では、約1か月保管されて検疫を行った後に、合板加工工場に運ばれて製品になります。
港から貯木場まで、木材が筏で運搬される作業が見られるのは、国内でも珍しいものとなりました。
運搬作業は、新潟西港から貯木場までの川岸の遊歩道などで見学できます。
見学の時は、河川への転落防止等、安全に気をつけてください。
また、立入禁止区域の敷地内へは、入らないでください。

船に引かれた筏が閘門に入ってくる様子
山の下閘門を通航する作業船と筏
山の下閘門 筏の月別通航日数(平成27年~29年)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
平成27年 10 1 5 7 9 6 0 6 4 6 1 17 72
平成28年 14 15 8 9 10 4 5 6 6 9 6 7 99
平成29年 6 0 0 8 2 5 4 4 5 5 8 7 54
平成27年2月・7月・11月、平成29年2月・3月は、工事により閘門が利用できなかったため、通航日数が少なくなっています。