このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の農産物集(なす)
本文はここから

農産物集(なす)

2017年09月04日

主な産地

 ●北区
   ・豊栄
 ●江南区
   ・曽野木

※産地名は旧市町村または産地呼称を使用しています。

収穫時期(出荷時期)

産地の特徴(特別な取組・栽培方法等)

 ●新潟地域の管内では主に3品種を栽培しています。栽培品種は「焼きなす」、「丸なす」、「黒十全なす」で、特徴として用途の違いが挙げられます。
 ●「焼きなす」は、その名の通り焼く調理に適した品種です。「エンピツなす」から選抜したもので、北区の木崎地区でのみ栽培しています。
 ●「丸なす」は、果肉が緻密で煮くずれしにくく煮物に適した品種です。「焼きなす」同様に木崎地区を中心に栽培しています。
 ●「黒十全なす」は、新潟を代表する品種で漬けなすに適しています。果色が濃いため浅漬けでの色上がりが良くなります。主産地は江南区の曽野木地区ですが、広い地域で栽培しています。