このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の農産物集(えだまめ)
本文はここから

農産物集(えだまめ)

2017年09月04日

主な産地

 ●江南区
   ・曽野木
 ●南区
   ・白根
 ●秋葉区
   ・新津

※産地名は旧市町村または産地呼称を使用しています。

収穫時期(出荷時期)

産地の特徴(特別な取組・栽培方法等)

●南区の白根地区、秋葉区を中心に栽培しています。
●多数ある栽培品種のなかでも「しろね茶豆」、「新潟茶豆」、「あま茶豆」といった名称で出荷される茶豆は、食味の良さから広く認知されており、生産者ごとにこだわりを持った栽培をしています。
●えだまめは鮮度が命です。収穫後の経過時間に加え、品温の上昇でも食味低下が著しいため、生産者は気温の低い日の出前から収穫を行い、本来の味が食卓まで届くように努力しています。