このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の農産物集(トマト・ミニトマト)
本文はここから

農産物集(トマト・ミニトマト)

2017年09月04日

主な産地

 ●北区
   ・木崎
   ・葛塚
   ・長浦
   ・濁川
 ●中央区
   ・鳥屋野
 ●江南区
   ・曽野木
 ●南区
   ・味方
   ・白根

※産地名は旧市町村または産地呼称を使用しています。

収穫時期(出荷時期)

産地の特徴(特別な取組・栽培方法等)

●南区では「ミディ(中玉)トマト」と「ミニトマト」を、北区では「大玉トマト」を中心に栽培しています。
●北区の産地では、かん水を控えた栽培を行うことで、食味(糖度)の向上に努めています。それに加え、濁川地区では多くの栽培農家がエコファーマー認定を受けており、化学肥料や化学農薬の使用を低減するなどの環境に配慮した栽培を実践しているほか、極端に水を絞った高糖度トマトの栽培に取り組んでいる方もいます。