このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の交通・運輸の中の万代テラス
本文はここから

万代テラス

2017年02月14日

上下2段に分かれています

万代テラスと萬代橋

 平成27年(2015年)5月に萬代橋下流にオープンした万代テラスは、萬代橋と朱鷺メッセを結ぶ万代島緑地の一部で、面積は約7,500平方メートル。18億円の事業費と平成20年4月から平成27年4月までの7年の工期をかけ、信濃川を一部埋め立てて作りました。
 これにより、萬代橋上流のやすらぎ堤から、万代テラスを通って朱鷺メッセまで、緑地・遊歩道で結ばれました。
 万代テラスは、上下2段に分かれていて、上段には自然石の色を生かした舗装の園路と花壇、屋根付きのベンチ、トイレなどが整備されています。下段は御影石が一面に張られた広場になっており、信濃川の流れを間近に見られます。
 
 御影石の広場から眺める信濃川と萬代橋。周りにはビルが建ち並び、ちょっと都会的な雰囲気のテラス。皆さんどうぞお越しください。
 
 万代テラスは、平成28年度から、新潟市が管理しています。 

万代テラスと萬代橋

御影石の広場です

御影石の広場

 信濃川沿いの下段は、御影石張りの広場になっています。
 
 この広場は約3,000㎡あり、イベントなどにも活用できるようになっています。万代地区と朱鷺メッセを結ぶ新たな賑わいの拠点として、魅力的な都市空間を演出するものと期待されています。

 なお、万代テラスでは、火気の使用、長時間にわたる占用など、他の利用者に迷惑・危険な行為は禁止です。ただし、写真撮影、動画撮影などは、他の方のご利用の妨げにならない範囲であれば可能です。
 詳しくは、新潟市中央区建設課へお問い合わせください。

御影石の広場

こんなところです

屋根付きのベンチから萬代橋を眺められます
トイレは新潟市が設置しました

屋根付きのベンチから萬代橋を眺められます

トイレは新潟市が設置しました

朱鷺メッセから見た緑地全景
柳都大橋からは、このように見えます

朱鷺メッセから見た緑地全景

柳都大橋からは、このように見えます

万代テラスの秘密

 信濃川を埋め立てて作られた万代テラスには、こんな秘密が・・・
 これを知っていると、ちょっと自慢できるかも。
 画像をクリックしてください。
 
1 上段の園路に8本、一列に並んでいる柳の並木。
  園路の中に立っていて、ちょっと邪魔だと思うかもしれませんが、実はこれは・・・。
一列に並んだ柳の木
2 萬代橋にくっついている万代テラス
  でも、近くで見てみると、間には・・・
2萬代橋と万代テラス
3 芝生の中の敷石
  園路と広場を結ぶ敷石。でこぼこしていて、ちょっと歩きにくいけど・・・
3芝生の中の敷石
4 いろいろなベンチ
  数多くあるベンチは、形がいろいろ。なぜ、この形?
いろいろなベンチが