このページの先頭ですメニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の交通・運輸の中の護衛艦「みねゆき」が、新潟港(西港区)に来港しました。

 護衛艦「みねゆき」が、新潟港(西港区)に来港しました。

2012年08月16日

新潟港(西港区)で行われたイベント




  7月20日(金)、新潟港(西港区)の山の下ふ頭北側岸壁に、海上自衛隊所属の護衛艦「みねゆき」が来港しました。
  来港当日に歓迎式典があり、新潟港湾事務所長が挨拶をしました。
  また、7月21日(土)と22日(日)には、体験航海や一般公開が行われ、たくさんの方々が見学に訪れていました。

あいさつをする新潟港湾事務所長


護衛艦「みねゆき」


 護衛艦「みねゆき」の歓迎式典を撮影してきました。
 佐渡汽船、新日本海フェリーのような客船と比べると、当然ですが小さいです。
 しかし、ところどころに見える砲塔等を目の当たりにすると、兵器なんだな、と実感させられました。
 



 護衛艦「みねゆき」(海上自衛隊所属)
  全長 130m
  全幅 13.6m
  速力 29.7ノット
  乗員 200名

 右端の白い塊のように見えるのは、歓迎式典前の乗員の方々です。

         護衛艦「みねゆき」

  マモルくん(自衛隊新潟地方協力本部マスコットキャラクター)

               主砲(76mm速射砲)


            ファランクス(20mm機関砲)

       哨戒ヘリコプター(テイルブームは折り畳んでいる)



おまけ





 歓迎式典後、艦内見学に移った際、ちょうど新日本海フェリーが出航しましたので、乗員の方々が帽子を振って見送りをしました。




  見学後、昼食を艦内でいただきました。
  こちらの料理は、来賓者向けのメニューです。
  「みねゆき」到着の7/20は金曜日で、海上自衛隊では「カレーの日」とのことでした。
  カレーの他にも前菜やサラダ等がテーブルに並びました。
  別室でカレーをいただいた職員の感想は、「美味しかったよ」でした。
   

       艦内でいただいた昼食