このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のテレビ・新聞・広報の中の【新潟】企画展「ジブリの動画家 近藤勝也展」
本文はここから

【新潟】企画展「ジブリの動画家 近藤勝也展」

2018年08月10日
※このページは、FM放送で読み上げた原稿を、原文のまま掲載しています。(原稿作成:万代島美術館)
FM放送「エフエム新津(ラジオチャット)76.1MHz」では、毎月第2、第4金曜日の午前9時55分から新潟地域振興局や新潟地域に所在する県の機関の情報「新潟県新潟地域振興局からのお知らせ」を放送しています。

【2018年8月10日放送原稿】
 新潟県立万代島美術館では、企画展「ジブリの動画家 近藤勝也展」を開催中です。
 1963年愛媛県新居浜市に生まれた近藤勝也氏は、スタジオジブリ作品の輝きを支える動画家の一人で、その圧倒的な画力、魅力的な表情、生き生きとしたキャラクターたちの動きは、宮崎駿監督も絶大な信頼を置くものでした。
 今回の展覧会では、「魔女の宅急便」「海がきこえる」「崖の上のポニョ」「山賊の娘ローニャ」など、近藤氏が描いたアニメーション原画やキャラクターデザインの仕事を中心に、多彩な作品約500点を紹介しています。
 描くことが大好きだった少年がアニメーターとなって飛躍し、活動の幅を広げる様子をぜひご覧ください。
 展覧会会期は9月24日までです。観覧料は一般1200円、大学・高校生は1000円、中学生以下は無料です。
 展覧会の詳細は万代島美術館ホームページをご覧いただくか、電話025-290-6655、025-290-6655までお問い合わせください。皆さまのお越しをお待ちしています。