このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の【新潟】中部北陸自然歩道トレッキングガイド(角田山・多宝山エリア)
本文はここから

【新潟】中部北陸自然歩道トレッキングガイド(角田山・多宝山エリア)

2016年03月31日
 新潟地域振興局企画振興部では、地元観光協会、自治会、角田山・多宝山の利活用団体、新潟市、NPO等と協働し、トレッキングガイドを作成しました。
 政令指定都市新潟市内に位置し、オオミスミソウ(雪割草)、カタクリなどの山野草の魅力や、健康志向の高まりなどから、多くの愛好者で賑わう「角田山・多宝山」。
 掲載内容は、登山道、中部北陸自然歩道「越後七浦じょんのびのみち」各ルートの所要時間、見どころなどの紹介のほか、登山道で出会う花々の写真や花ごよみ、北国街道の歴史や立ち寄り施設の紹介など、地域の魅力を満載しています。
 トレッキングガイドを片手に、角田山、多宝山エリアをお楽しみください。
中部北陸自然歩道トレッキングガイド表紙
中部北陸自然歩道トレッキングガイド表紙

中部北陸自然歩道を歩こう!

中部北陸自然歩道トレッキングガイド(表面)

 中部北陸自然歩道「越後七浦じょんのびのみち」は、角田妙光寺前バス停から始まり、岩室温泉前バス停までの約12.1kmのロングトレイル。
 越後七浦シーサイドライン(国道402号)の海辺や五ヶ峠越えなど変化に富んだコースを歩きます。
 途中、七面大天女岩屋、判官舟かくし、篠原幸三郎家、北国街道の町並みなど、多くの見どころがあります。

中部北陸自然歩道トレッキングガイド(表面)

角田山・多宝山の登山道を歩こう!

中部北陸自然歩道トレッキングガイド(裏面)

[角田山トレッキングコース]
 角田山には特色ある7本の登山道が整備され、体力や目的に合わせてコースを選ぶことができます。どのコースも四季折々の花々が迎えてくれます。
 山頂は大きな園地となっており、ここでゆっくり休憩ができます。園地から稲島コースの木道をしばらく下ると、観音堂園地から新潟平野を一望する景観が広がります。

[多宝山トレッキングコース]
 多宝山は文字通り宝の山。かつて銅を産出し、燕市の金属加工業の勃興(ぼっこう)に寄与しました。
 登山道は3コースあり、それぞれ石瀬峠で合流し山頂へ向かいます。山頂には気象庁の弥彦山気象レーダー観測所が設置されています。
 天神山ルートでは途中、天神山城の空濠(からぼり)、本丸跡などの遺構を楽しむことができます。

中部北陸自然歩道トレッキングガイド(裏面)

入手方法

各販売施設で1部300円(消費税込み)で販売しています。
販売施設一覧(PDF形式  38 キロバイト)

角田山周遊バスが便利です

角田山周遊バス

 角田山、多宝山エリアを楽しむなら、角田山周遊バスが便利です。
 JR巻駅を起点に、角田山の外周や岩室温泉を回ります。
 往路と復路で違う登山道を歩くなど、自分好みのコースを幾通りも楽しむことができます。
 駐車場の心配も不要で、温室効果ガスの低減にもつながる角田山周遊バスの利用もお薦めです。

角田山周遊バスチラシ

角田山周遊バス(PDF形式  421 キロバイト)

お願い ~地域の宝を次世代へ~

 角田山、多宝山のほとんどの区域は、佐渡弥彦米山国定公園の特別地域に指定されています。
 自然公園法の規定により、『その特別地域内において許可を受けなければ採取、又は損傷してはならない高山植物その他これに類する植物』が指定されています。この「指定植物」は規制を行わないと絶滅の恐れがある植物です。

 「登山道以外には立ち入らないでください。」
 「指定植物は採取しないでください。」

 気持ちよく、安全に登山を楽しんでいただくためにも、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
佐渡弥彦米山国定公園特別地域の指定植物(PDF形式  4965 キロバイト)

姉妹版のご案内

 中部北陸自然歩道トレッキングガイド「弥彦山・国上山エリア」と「田上・加茂・三条エリア」も絶賛販売中!
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする