このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【五泉・阿賀】9月は健康増進普及月間です
本文はここから

【五泉・阿賀】9月は健康増進普及月間です

2018年08月30日
厚生労働省では、健康に対する国民の一人一人の自覚を高め、健康づくりを推進していくため、
毎年9月を「健康増進普及月間」と定めて、食生活改善普及運動と連携して、様々な活動を実施しています。
平成30年度「健康増進普及月間」統一標語は
 『1に運動 2に食事 しっかり禁煙 最後にクスリ ~健康寿命の延伸~』です。

1に運動 ~毎日プラス10分の運動~

 生活習慣病の予防・改善のためには、日々の適度な身体活動が大切です。
普段運動をしていない人も、まずは、毎日プラス10分、日常の中で身体を動かすことを意識してみませんか。
 例えば、できるだけ階段を使う、通勤時に少し歩く、掃除や庭いじり、散歩や簡単な体操など、自分の生活にあった活動をできることから始めましょう。

2に食事 ~毎日プラス一皿の野菜~

 新潟県の成人の平均野菜摂取量は344.6gで、目標値350g以上摂取している人の割合は、42.0%です(平成27年県民健康・栄養調査)。目標値以上の野菜摂取をするために、毎日野菜一皿分(約70g)をプラスして、理想的な食生活に近づけませんか。
 新潟県では、野菜たっぷりメニューや塩分控えめメニューを提供している健康づくり支援店があります。外食する際は、是非ご利用ください。

大人が1日に必要な野菜の摂取量は350g。これは日本人の平均摂取量にもう一皿加えた量に相当します。

しっかり禁煙~たばこの煙をなくす~

 たばこには4000種類にも及ぶ有害物質が含まれています。受動喫煙によってリスクが高まる病気には肺がん、虚血性心疾患、脳卒中、乳幼児突然死症候群(SIDS)などがあります。
年間15,000人が、受動喫煙を受けなければ、これらの疾患で死亡せずに済んだと推計されています。
 自分や周りの家族、友人の健康のためにも禁煙を始めましょう。
受動喫煙を受けているものが、受けていないものに比べ、病気になるリスクが肺がん・脳卒中は1.3倍、虚血性心疾患は1.2倍です。

関連リンク

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする