このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【五泉・阿賀】難病患者さんが安心して在宅療養を送るための支援
本文はここから

【五泉・阿賀】難病患者さんが安心して在宅療養を送るための支援

2016年04月01日

 新潟健康福祉部(新津保健所)では、難病患者さんやご家族の療養上の不安や悩みを軽減するための支援として、下記の事業を実施しています。

 相談を希望される方はお気軽にお問い合わせください。

 【お問い合わせ先】
  地域保健課 保健指導担当(電話:0250-22-5174)
 
  (※受付時間は平日の8時30分から17時15分までです。)

訪問相談・指導事業

 難病患者さんとご家族が抱える日常生活上及び療養上の悩みについて、保健師等がご家庭を訪問し、個別の相談に応じたり助言を行っています。
 必要により、主治医やケアマネージャー、市町等の関係者と連携をとっています。

医療相談事業

1 健康相談
 (1)特定医療費(指定難病)の手続き時やその他の機会に、来所や電話による相談をお受けします。

 (2)特定医療費(指定難病)受給者証継続申請時に、五泉市内及び阿賀町内に会場を設け、相談会を行っています。

2 神経難病患者・家族のつどい
  パーキンソン病や脊髄小脳変性症などの神経難病の患者さんとご家族が、情報交換や仲間づくりをとおして不安や悩みを軽減し、前向きに療養生活が送れることを目的としてつどいを実施しています。

停電時の体制整備

 人工呼吸器、吸引器等停電時に対応が必要な医療機器を使用している在宅療養されている患者さんが安心して療養生活が送れるよう東北電力等関係機関との連絡体制を整備しています。

その他の事業

1 難病患者等居宅生活支援事業
  介護保険法、障害者総合支援法等の施策の対象とならない在宅難病患者さん等を対象にホームヘルプサービス、短期入所、日常生活用具給付を実施する市町に対し補助金を交付します。

2 難病患者看護力強化事業
  人工呼吸器を装着している在宅療養されている患者さんの訪問看護体制を強化することにより、医療技術的な介護の充実を図るとともに、ご家族の介護生活の維持・向上を支援することを目的に下記の事業を実施しています。

 (1)在宅人工呼吸器使用特定疾患患者訪問看護治療研究事業
    在宅で人工呼吸器を装着している特定疾患患者さんへの1日4回目以降の訪問看護を訪問看護師等に委託します。
 (2)在宅難病患者看護力強化事業
    在宅で人工呼吸器を装着している重症難病(指定難病、小児慢性特定疾病)患者さんへの1日4時間以上の訪問看護に対し、訪問看護ステーションに補助金を交付します。
    ※対象者、申請方法等詳細はお問い合わせください。

3 その他の事業
  下記リンク先のページでご案内しています。

このページの担当課:地域保健課 保健指導担当  電話:0250-22-5174