このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【五泉・阿賀】ひとりで悩んでいませんか?ご相談ください
本文はここから

【五泉・阿賀】ひとりで悩んでいませんか?ご相談ください

2016年03月16日
 人間関係や家族のこと、仕事や病気、お金のことなど、ひとりで悩んでいませんか?

 新潟健康福祉部(新津保健所)では、相談員が電話や来所、訪問などによる相談に応じています。

 専門医などによる相談会も開催しています。

 まずはご相談ください。


電話番号は、0250-22-5174です。

営業時間は、月曜日から金曜日まで(年末年始と祝祭日をのぞく)の午前8時30分から午後5時15分までです。

相談は無料です。(電話の場合、通話料がかかります)

それ以外の時間帯は、「こころの相談 にいがた」(電話:0570-783-025)をご利用ください。

その他の相談先はこちら

これらの他に、具体的な相談内容に応じた窓口も複数ありますので、ご利用ください。

下記のリンク先ページで、詳細をご案内しています。


相談窓口の一覧表をご覧になりたい方は、下記の添付ファイル(PDF)をご利用ください。
相談窓口一覧(PDF形式  697 キロバイト)

相談会も開催しています

五泉市・阿賀町にお住まいの方を対象に、相談会を開催しています。
専門医や相談員などが相談に応じます。

相談は無料ですが、事前に予約が必要です。

開催日程や会場など、詳細については下記のリンク先ページを御覧ください。

思い当たることはありませんか?それは「自殺のサイン」です

 自殺者は亡くなる前に何らかのサインを出していることが多く、家族や職場の同僚など、身近な人はそのサインに気付いていることが多いと言われています。

 あなたやあなたの周りの人で、次の項目に数多くあてはまる人がいる場合、もしかしたらその人は「死にたい」という気持ちを抱いているかもしれません。

 あなたの「気づき」が、大切な「いのち」を守ることにつながります。

 まずは、ご相談ください。


 【チェック項目】
  1 気分が沈む、自分を責める、仕事の能率が落ちる、決断できない、不眠が続く、などの症状がある
  2 原因不明の身体の不調が長く続いている
  3 お酒の量が増える
  4 安全や健康が保てない(事故を繰り返す、病気の治療をしないなど)
  5 仕事の負担が急に増える、大きな失敗をする、職を失う
  6 職場や家庭でサポートが得られない
  7 職、地位、家族、財産など、本人にとって価値あるものを失う
  8 重症の身体の病気にかかる
  9 自殺を口にする、ほのめかす
  10 自分を傷つける、自殺未遂におよぶ
  11 感情が不安定になる、イライラする
  12 食欲がなく、体重が落ちてきた
  13 これまで楽しめていたものが楽しめなくなった  
  14 別れの用意をする(長く借りていた物を返す、大切な物を人にあげるなど)
  15 突然態度が変化した(交際をやめ引きこもりがちになる、身だしなみに気をかけなくなる、投げやりな態度になるなど)
 

その他

新潟県の自殺の現状や、自殺防止のために取り組んでいる対策などについて、詳しくお知りになりたい方は、下記のリンク先をご覧ください。

このページの担当課:地域保健課 保健指導担当(0250-22-5174)

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする