このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【五泉・阿賀】果物を食べて減塩生活&健康ライフ!
本文はここから

【五泉・阿賀】果物を食べて減塩生活&健康ライフ!

2015年07月30日
にいがた減塩ルネサンス運動
☆にいがた減塩ルネサンス運動では、食塩を1日1g減らすとともに、
野菜と果物でカリウムを1日300mg増やすことを目指しています。
果物で減塩効果
キウイ
1.果物でなぜ減塩なの?
メタボの中でも気になる高血圧。その予防には、適塩の食事はもちろんですが、実は果物もオススメ。
野菜や果物に含まれるカリウムは、体内の余分なナトリウムの排泄を促し、減塩効果を高めるんです。


2.果物を1日どのくらい食べればいいの?

1日の適量は自分の親指と人差し指をあわせた大きさに入るくらいです。
普段あまり果物を食べない方や、血圧を気にされる方は、朝ごはんや間食、お弁当などで、新潟県産の美味しい果物を1日1個食べませんか?

1日の適量です。

果物の目安量(五訂日本食品成分表より)
種類 1日の目安量 エネルギー カリウム
キウイ 1個(約120g)

64kcal

348
1個(約200g) 86kcal 280
バナナ 1本(約120g) 103kcal 432
※食事療法でカリウム制限が必要な方は、主治医にご相談ください。
にいがた減塩ルネサンス運動のホームページはこちらをクリックしてください。
      ↑ にいがた減塩ルネサンス運動のホームページはこちらをクリックしてください。