このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の【長岡】滝清水川河川工事の事故発生について(第2報訂正)
本文はここから

【長岡】滝清水川河川工事の事故発生について(第2報訂正)

2018年03月08日
3/8 訂正
工事概要の工期を下記のとおり訂正します。

(誤)平成30年2月17日
(正)平成30年2月 1日

   

本日午後5時頃、長岡市栃尾泉地内で県発注の河川工事において、コンクリート構造物が転倒し、作業員が下敷きになる事故が発生しました。現在、救助中であり事故詳細については調査中です。

1 事案概要
3月7日午後4時40分頃、長岡市栃尾泉地内の一級河川信濃川水系滝清水川の河川工事で事故が発生
事故に遭われた方は有限会社 西谷開発所属の作業員1名(60歳代:男性)で、現在救助中
(現在調査中の事項は、判明次第続報で発表します。)

2 経過
 3月7日
  16:40頃  事故発生
  16:50   消防が救助活動のために出動
  17:05   長岡市栃尾支所から長岡地域振興局へ情報提供
  17:45   長岡地域整備部職員が現地に向かう
  21:30現在 重機2台で救助中
  詳細調査中

3 工事概要
 ・工事名:一級河川滝清水川 県単河川維持(一般)落差工・護岸修繕工事
 ・施工地:長岡市栃尾泉 地内
 ・工期:平成30年2月 1日から平成30年3月31日
 ・請負業者:株式会社小林組(長岡市巻淵3-3-12)

4 工事内容等
・河川の勾配を緩やかにし河床を安定させるために設置されていた、既設の落差工と、その下流右岸にある石積み護岸が老朽化したために修繕する工事
・倒壊したコンクリート構造物は、落差工(高さ3m、幅3m、奥行き0.5m、重量約9t)。詳細は別紙図面による。

5 事故当時の作業内容状況
・落差工の直下流において作業中に、コンクリート構造物が転倒

6 今後の対応
・土木部安全対策委員会を立ち上げ、現地調査を実施予定


 本件についてのお問い合わせ先
  長岡地域振興局地域整備部 副部長(技術) 本田
  (直通)0258-38-2616(内線)202
滝清水川の河川工事の事故発生について(第2報訂正)(PDF形式  173 キロバイト)
(参考)滝清水川河川工事の事故発生について(第3報)22:00時点(PDF形式  56 キロバイト)
(参考)滝清水川河川工事の事故発生について(第2報)21:30時点(PDF形式  123 キロバイト)
(参考)滝清水川河川工事の事故発生について(第1報)18:45時点(PDF形式  181 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする