このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の【長岡】長生橋80周年事業を実施しました
本文はここから

【長岡】長生橋80周年事業を実施しました

2017年12月22日

1.はじめに

 今年で完成(昭和12年)から80周年を迎えた長生橋について、これまでに果たしてきた役割や魅力等を再認識するとともに、今後のあり方を考える機会とするため、長岡地域振興局、長岡市、長岡商工会議所など12の機関による「長生橋80周年事業実行委員会」を組織し、7月と10月に開催したシンポジウムをはじめとして、歴史パネル展・親子見学会・写真コンテストなどの事業を開催いたしました。
 また、長生橋の魅力をより一層高めるために、企業や団体、個人の方々からの協賛金・募金によるライトアップを企画し、8月から10月末までの期間、13連のトラスを美しく夜空に浮かび上がらせました。
長生橋80周年事業事業一覧ポスター
長生橋ライトアップ募金、協賛金募集ポスター

事業一覧ポスター

ライトアップ募金・協賛金募集ポスター

2.ロゴマーク

 長生橋80周年事業の活動を周知するために、長岡造形大学に依頼してロゴマークを制作してポスター、チラシ、缶バッジ等に使用してPRしました。
長生橋80周年事業ロゴマーク

■ロゴマークデザインコンセプト
・長生橋は、嬉しいことや悲しいことがあっても変わらずに美しい景色とともに利用する人の心に寄り添ってくれます。そんな長生橋がずっと愛され続いていくようにという願いを無限大の形に表現しました。
・色はこれからも人々を照らす光のようにエネルギッシュな赤にしました。

3.事業内容

(1)実行委員会予算による事業

(2)長生橋ライトアップ事業

4.終わりに

 長生橋80周年事業には、多数の皆さまからご来場・ご応募いただき、長生橋に対する関心が高いことや、魅力などを改めて認識いたしました。
 また本事業と併せて、新聞、テレビなどにも大きく取り上げていただき、長生橋のこれまでの歴史や役割と現状などについて、一般の方々にも広く認識され、理解が深まったものと考えています。
 結びに、本事業にご尽力いただいた関係者の皆さまや、ライトアップへの募金・協賛金にご協力いただいた皆さまに感謝申し上げるとともに、長生橋が今後とも多くの皆さまから親しまれ続けられるようご祈念申し上げ、事業報告とさせていただきます。

 なお、長生橋80周年事業実行委員会は、12月19日に第2回実行委員会を開催し、事業報告、決算報告などが承認され、同日付にて解散となりました。
 多くの皆さまにご協力いただき、大変ありがとうございました。
長生橋80周年事業 ~未来への橋渡し~ 事業実績報告書(PDF形式  1065 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする