このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【長岡】農作業時の注意
本文はここから

【長岡】農作業時の注意

2016年11月01日

「ノー!作業事故」 家族や仲間で声掛け合って、作業事故をなくしましょう

農作業時、こんな事故が起こっています。

〇トラクターによる事故
 ・トラクターが転倒・転落し、投げ出されて機械の下敷きになった。
〇耕耘機、草刈り機による事故
 ・耕耘機をバックさせ、木と機体の間に挟まれた。
 ・草刈り中、足を滑らせて草刈り機で足を切った。
〇高所での作業中の事故
 ・脚立に登って作業していたところ、転落してしまい頭を打った。
〇機械への巻き込まれ事故
 ・コンバインで手こぎ作業を行っていたところ、手が巻き込まれた。

道路に泥を落とさないように注意しましょう

 トラクター等を使用した農作業後に、田や畑から公道へ出る際には、必ず泥を落としてから走行するようにお願いします。
 車道や歩道に落ちた泥のかたまりは、自動車だけでなく歩行者・バイク・自転車・車いすなどの通行の妨げになり、大変危険です。

 環境美化と交通安全のため、道路に泥を落とさないように注意しましょう。道路を汚してしまった場合は、速やかに泥の撤去・清掃をしていただきますようお願いします。


刈草を用水に流さないようにしましょう

 畦畔や農道のり面の草刈りは、斑点米カメムシ類の防除に有効です。
 しかし、刈草が河川に流れ出ると下流の取水や漁業者等に大変迷惑をかけます。

 刈草は、集めて堆肥として活用する等適切に処理し、用水や河川に流さないようにしましょう。