このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の市町村・地域振興の中の【長岡】平成30年度に実施された北越戊辰戦争150年関連事業を紹介します
本文はここから

【長岡】平成30年度に実施された北越戊辰戦争150年関連事業を紹介します

2018年11月02日
 平成30年(2018年)は、慶応4年(1868年)に鳥羽伏見の戦いで火蓋を切った戊辰戦争から150年の節目の年に当たります。
 新潟県内では、中越地域を中心に遠くは新潟、村松、中条等にも及ぶ「北越戊辰戦争」と呼ばれる戦いがありました。
 長岡地域振興局管内においても、河井継之助の小千谷談判が決裂し、長岡藩が戦いに加わった長岡市の榎峠の戦い、小千谷市朝日山の戦い、長岡城の落城、町を焼き尽くした見附市今町の戦い、八丁沖を渡った奇襲作戦による長岡城奪還等、各地で激戦が繰り広げられ、多くの住民が戦禍に苦しみました。
 長岡地域振興局管内においては、過去の戦争の悲惨さと、その逆境から立ち上がり復興に尽力した先人をしのび、地域の歴史を再考するため、北越戊辰戦争150年を記念した事業が開催されましたので御紹介いたします。

【長岡市】河井継之助記念館友の会特別講演会

 長岡の復興に奔走していた公用人の日誌に記録されている新選組隊士の竹内篤平のエピソードから、長岡開府400年・戊辰150年を紐解きました。

◆日程:平成30年4月21日(土)午後2時45分から午後4時まで
◆場所:会館青善(長岡市表町4-3-9)
◆演題:「長岡出身の新撰組隊士がいた!?~再興長岡藩 東京藩邸の人間模様~」
◆講師:文書資料室室長 田中 洋史 氏
◆主催:河井継之助記念館友の会
           

【小千谷市】戊辰150年記念事業 小千谷談判第1弾

 北越戊辰戦争の発端となった「小千谷談判」の地、小千谷市において、市民を中心に公募した出演者による「小千谷談判」劇を慈眼寺「会見の間」において上演しました。
 また、長岡市「劔豪会」による剣舞の上演と、河井継之助記念館館長 稲川明雄氏による記念講演会を開催しました。

◆日程:平成30年5月2日(水)午後2時から
◆会場:小千谷市民会館 大ホール(小千谷市土川1-3-3)
◆内容:
 ◇「小千谷談判」劇上映
 ◇長岡市の「劔豪会」による剣舞の上演
 ◇記念講演会
  ・演題:「小千谷談判の真実に迫る」
  ・講師:稲川 明雄 氏(河井継之助記念館館長)
 ※慈眼寺での演技を中継で御覧いただきました。
◆主催:戊辰150年記念事業実行委員会 

【小千谷市】戊辰150年記念事業 小千谷談判第2弾

 北越戊辰戦争の発端となった「小千谷談判」の地、小千谷市において、市民を中心に公募した出演者による「小千谷談判」劇を上演しました。
 また、東京大学史料編纂所教授 本郷和人氏による記念講演会を開催しました。

◆日程:平成30年6月23日(土)午後2時から
◆会場:小千谷市民会館 大ホール(小千谷市土川1-3-3)
◆内容:
 ◇「小千谷談判」劇上演
 ◇記念講演会
  ・演題:「北越戊辰戦争150年~未来へわたすもの」
  ・講師:本郷 和人 氏(東京大学史料編纂所教授)
◆主催:戊辰150年記念事業実行委員会 

【歴史博物館】「戊辰戦争150年」展

 戊辰戦争から150年を機に、活躍した人々の書簡や記録などの古文書や軍備、絵図などから、東北・新潟における戊辰戦争の歴史的位置を東北・新潟の視点から紹介しました。
 本展覧会は、新潟県立歴史博物館、福島県立博物館及び仙台市博物館の三館を巡回したものです。

◆日程 :平成30年7月14日(土)~8月26日(日)
    (福島県立博物館:9月1日(土)~10月14日(日)
     仙台市博物館 :10月26日(金)~12月9日(日)) 
◆会場 :新潟県立歴史博物館(長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2)
◆主催 :新潟県立歴史博物館
◆関連イベント:
  ・記念講演会「『奥羽越』列藩同盟と越後諸藩」
   日程:平成30年7月22日(日)午後1時30分から午後3時まで
   会場:新潟県立歴史博物館 講堂
   講師:栗原伸一郎氏(東北大学大学院文学研究科学術研究員)
 ・記念講演会「北越戊辰戦争と維新政府の情報戦略」
   日程:平成30年7月29日(日)午後1時30分から午後3時まで
   会場:新潟県立歴史博物館 講堂
   講師:箱石 大氏(東京大学史料編纂所 准教授)
 ・関連講座「武器商人スネル関係文書を読む」
   日程:平成30年8月4日(土)午後1時30分から午後3時まで
   会場:新潟県立歴史博物館 研修室
   講師:西田 泰民(新潟県立歴史博物館参事)
 ・日帰りバスツアー
   日程:平成30年7月15日(日)・8月19日(日)
   訪問先:新潟県立歴史博物館(見学)、あさひ山蛍庵(昼食)、慈眼寺(小千谷談判の寺拝観)、浦柄神社(両軍の墓碑と戦跡祈念碑・朝日山古戦場見学)、越の大橋(司馬遼太郎揮毫『峠』の石碑・榎峠の眺望見学)、河井継之助記念館(見学)、北越戊辰戦争伝承館(見学)

【小千谷市】戊辰150年記念事業 楽集館企画展「戊辰の地 小千谷」

 戊辰150年記念事業として、小千谷の戊辰戦争に関する楽集館企画展を開催し、戊辰戦争と小千谷の関わりについて、様々な資料やエピソードとともに紹介しました。普段はなかなか目にすることのできない個人蔵の戊辰ゆかりの品々も展示しました。

◆日程:平成30年8月2日(木)~26日(日)午前9時から午後5時まで
      ※水曜休館
◆会場:小千谷市民学習センター「楽集館」1階展示室
     (小千谷市上ノ山4-4-2)
◆内容:○戊辰史跡やエピソードの紹介
     ○戊辰150年PRビデオ・「小千谷談判」劇DVDの上映
     ○戊辰戦争ゆかりの品々の展示
       ・市指定文化財 岩村高俊(精一郎)自伝草稿
       ・岩村精一郎が総督府から軍艦を命じられた際の辞令書
       ・岩村精一郎を男爵に列する辞令書
       ・黒田了介・山県狂介(有朋)が岩村精一郎に宛てた手紙 など
◆展示点数:約60点
◆主催:戊辰150年記念事業実行委員会

【長岡市】河井継之助記念館開館記念・長岡開府400年特別講演会「司馬遼太郎と近代化」

 1858年12月、河井継之助は志をもって遊学へ旅立ちました。時を越え2006年12月、河井継之助記念館が生誕の地である長岡に開館。延べ12万6千人が訪れました。今年は長岡開府400年という節目の年でもあり、記念館開館と長岡開府400年を記念して講演会を行いました。

◆日程:平成30年8月4日(土)午前10時30分から正午まで
◆会場:長岡グランドホテル 悠久の間
◆講師:上村 洋行 氏(司馬遼太郎記念館 館長)
◆主催:長岡市、河井継之助記念館友の会

【長岡市】河井継之助慰霊祭

 河井継之助没後151年祭法要と、戊辰戦争で犠牲となった方々の慰霊を行いました。
 また、河井継之助記念館館長 稲川明雄氏より講演いただきました。

◆日程:平成30年10月7日(日)午前10時から正午まで
◆会場:栄凉寺本堂(長岡市東神田3-5-6)
◆内容:河井継之助記念館 館長 稲川明雄氏 講演会など
◆主催:河井継之助記念館友の会

     

【長岡市】第8回八丁沖ウォーク

 河井継之助をしのび、長岡城奪還作戦の長岡藩をおもいながら、稲刈りが終わった後の八丁沖を歩き楽しみました。
 
◆日程:平成30年10月13日(土)
     ①河井継之助記念館 7時45分集合
  または②北越戊辰戦争伝承館 8時30分集合
◆主催:河井継之助記念館友の会

【長岡地域振興局・三条地域振興局】留学生をメインターゲットとした河井継之助ゆかりの地をめぐるガイドツアー

 長岡地域振興局と三条地域振興局では、北越戊辰戦争から150年に当たり、県内在住の留学生をメインターゲットに、長岡藩軍事総督 河井継之助ゆかりの地をめぐる英語によるガイドツアーを実施しました。参加者から、SNSを通じて地域の魅力を内外に発信してもらうことにより、交流人口の拡大を目指します。

◆日程:平成30年10月14日(日)午前9時から午後5時30分まで
◆訪問先:河井継之助記念館、慈眼寺、居食亭東忠(昼食)、永閑寺、パティオにいがた、北越戊辰戦争伝承館、吉ヶ平山荘(八十里越)
◆主催:長岡地域振興局、三条地域振興局